男子がおおいに驚いた女子だけがキュンとするフェチ4選

イケメンといえば、誰を想像しますか? 人それぞれタイプは違えど、雑誌の特集に出てくるような男子のことだと相場が決まっているのかもしれません。
イケメンを目指している男子というのは、フィットネスクラブに通ってカラダを引き締めたり、ひそかにスキンケアにいそしんでいたり……という人も多いものです。
しかし、「あたしは熊さんみたいにぽっちゃりした男子じゃないと抱かれたくない」と公言する女子もいます。男子の汗の匂いこそが好きだと公言する女子もいます。
今回は、男子がおおいに驚いた女子のフェチに迫ります。
さっそく見ていきましょう!

目次 [開く]

1:あそこの形フェチ


「わたしは、男子のあそこの形フェチです。いい形のあれって、すごくかっこいいし、握っても咥えても最高です」(25歳・看護師)
こういうのは男子はよく分からないかもしれません。男子はじぶんのあそこを毎日上から眺めるだけですし、生まれてからずっとお付き合いしているじぶんの息子ですから、とくになんとも感じないでしょう。
対して女子は「下から(というか裏から)」眺めるわけですから、まあ「いい形」かどうか……そういうことを感じるのでしょうか。

2:血管フェチ


「男子の腕や手の甲にかるく浮き出ている血管フェチです」(24歳・ネイリスト)
こちらはよく聞く話です。
ただ血液を運んでいるだけの管のなにがいいのか、男の著者としては解説しかねますが。

3:声フェチ


「あたしは声フェチです。いい声だと恋しちゃうくらい男子の声の好き嫌いがはっきりしています」(26歳・歯科衛生士)
声に特徴のある男性の歌手っていますよね。そして昔から、(ジャケ写の歌手の顔はともかく)、その声に惹かれてその歌手のファンになったという女子は大勢います……と、女子に解説をしても釈迦に説法かもしれませんが。

4:匂いフェチ


「男子の汗の匂いとか、お風呂に入ってなさそうな匂いが大好きです」(23歳・モデル)
こちらも男の著者としては解説しかねますし、解説せずとも感覚的に理解できる女子も多いかと思います。

今回は「対象を客観視できないと、コラムの解説など書けない」という教訓を著者が得ただけのコラムになってしまいました。
男子は、じぶんの声にしろ、血管にしろ、そういうものは、男子が毎日、ごく当たり前のように見聞きしているものです。
一方、男子のフェチといえば、女子のおっぱいとかお尻などですが、それらだって、女子としてごく当たり前に毎日接しているものであるはずです。
ごく当たり前と思っているものを愛でてくれる相手が「縦の糸」で、横の糸はあたし……織りなす布はいつか誰かを温めうるかもしれない……ということで往年の名曲「糸」が完成します。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ