女子が彼氏から「それ変だよ」と指摘された残念メイク3つ

しばしば、女性ファッション誌では、「女子ウケの良いファッション」と「彼氏ウケの良いファッション」という特集が組まれることがあります。これはファッションだけでなく、メイクでも同じ。というわけで今回は、筆者の周りの女子が彼氏から「それ変だよ!」と指摘されてしまった、“残念メイク”についてご紹介いたします。皆さんも参考にして、「彼氏ウケ」の良いメイクを取り入れてみては?

目次

1. 妖怪みたい! 真っ赤すぎるリップ


まず気をつけたいのが真っ赤すぎるリップです。ここ数年、赤いリップがトレンドになっていましたよね。そんなトレンドを受けて、街中には真っ赤なリップを取り入れた女子がウジャウジャいるわけですが、これ、男性からすると理解不能な模様。

女友だちから「かわいい!」と言われたメイクをしてデートに臨んでみたものの、彼氏から「ちょ、お前なにそのメイク、“オバ●のQ太郎”じゃん!」などと失笑を買った経験、ありませんか? 「ち、ちがうよ! 水原希子ちゃん意識だよ!」なんて切なくて言えませんよね。

できるならば、そんな悲劇は避けたいところ……!

清楚系ファッションなのに唇だけ真っ赤だったり、他のパーツもがっつりメイクしているのに、唇まで真っ赤にしていたり。これでは全体のバランスが崩れてしまいます。一方で、モード系ファッションの女子が、うまく赤リップを取り入れていれば、そういったファッションに理解のある彼氏からはウケも良いはず。「妖怪赤リップ」にならないように、上手に取り入れましょう。ヨーデル、ヨーデル!

2. 親戚のおばさん? 似合わないカラーアイシャドウ


また「彼氏ウケ」が悪いのが、カラーのアイシャドウ。とくに、パープル、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジなどのカラーを使うと、目元だけ色が浮いて見えて「変!」と思われがち。とくにマットすぎる質感のシャドウや、何年も前に発売されたシャドウを使うと「あれ? 今日親戚のおばさんみたいじゃない?」と思われる可能性がございます。ご注意を! そんなひどいことを言われたら、すかさず「○○君、まぁ見ないうちに大きくなったわねぇ〜」と返して差し上げましょうね。

「彼氏ウケ」を狙いたいのならば、「人間の体の中にある色」のなかでメイクをすることが大事。アイメイクにも、ナチュラルなブラウンや、血色が良く見えるコーラルなどを取り入れましょう。

3. それピカチュウ? チークが目立ちすぎメイク


最後に気をけたいのがチークです。筆者も昔、濃いめのチークをしてデートに望んだら、「ちょっと、今日ほっぺがピカチュウみたいだよ!」、などと言われた経験があります。それはピカチュウにも失礼じゃなかろうか?

女子会であれば、濃いめのチークを取り入れたオフェロメイクや、ちょっと前に流行った黒目の下からチークを入れる青文字系のメイクもウケがいいかもしれません。しかし、あくまでも「彼氏ウケ」を狙うのであれば、チークはほんの少し、血色がよく見える程度に入れることをオススメします。

もし、どうしても肌の血色が悪く、濃いめにチークを入れたいという場合は、チークと肌のあいだをスポンジやパウダーなどでぼかして、色の境目をなくしてみてください。テクニックでどうとでも工夫できます!

すべての「彼氏」から褒められるメイクがある、というわけではなく、「女子の個性」と「彼氏の趣味」を理解することで「彼氏ウケ」の良いメイクが完成します。ただトレンドを取り入れるのではなく、自分の素顔の魅力を生かすメイク、そして彼氏の趣味にあったメイクをすることで、「それ変だよ」と思われずに済むんじゃないでしょうか?
(ヤマグチユキコ)
1

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
WEBライター。音楽、ビジュアル系、漫才、ジャニーズ、恋愛ネタ、コスメレビューなどを執筆。キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き♡

関連記事