お鍋をきれいに盛り付けるコツ! 鍋パで使える女子力テク【イラスト】

寒い冬は鍋パが楽しい季節! でもみなさん、お鍋の盛り付けはどうしていますか? もし、特に何も考えていないで具を入れてるという方は、ぜひちょっとしたポイントをおさえてみてくださいね。少しのコツでお鍋の盛り付け方がきれいにできちゃう! 見た目も素敵なお鍋で女子力の高さを披露しちゃいましょう!
お鍋をきれいに盛り付けるコツ! 鍋パで使える女子力テク【イラスト】の1枚目の画像

お鍋を簡単できれいにみせる盛り付けのポイントは、ボーダーもしくは円を描くように具をおいていくことです。
まずは白菜の硬い芯の部分を底に敷き、その上白菜の残りの上部分やえのきなどの大きいものを奥から列になるように置いていきます。
飾り切りしたにんじんやしいたけは、最後に散らばせたり、色合いが足りない場所におけばOK。白菜やネギなど色が被るものは反対側に置いたり、エビやにんじんなどの濃い色は真ん中において引き締めるのもお鍋の盛り付けをきれいにみせるには効果的です!
お鍋をきれいに盛り付けるコツ! 鍋パで使える女子力テク【イラスト】の2枚目の画像

定番の飾り切りは一見難しそうですが意外と簡単なので、是非チャレンジしてみてくださいね。
なかなかできない場合は、型で抜くだけでもOKです。クリスマスシーズン中は星型で飾り切りもおすすめですよ♪
お鍋をきれいに盛り付けるコツ! 鍋パで使える女子力テク【イラスト】の3枚目の画像

しいたけの飾り切りもとっても簡単です。
お鍋の味に迷ったときは、最初はスタンダードに水炊きやモツ鍋をし、ちょっと味を変えたいなーと思ったらフランパンにゴマ油で豚肉と市販のキムチをたっぷり炒めて、(お好みでにんにくや味噌なども)お鍋に投入すればキムチ鍋へと簡単早変わり♪ からくしたい時は鷹の爪やコチュジャンをお好みで入れてくださいね。
〆や翌日の朝には雑炊やうどんにラーメン、お餅などを入れれば最後まで飽きずに味わえますよ!
翌日使う場合は、一度沸騰させてから召し上がれ。鍋シーズンにぜひトライしてみてくださいね。
(秋花)

この記事を書いたライター

秋花
イラストレーター・クリエイター 海底、女性、動物等がモチーフのイラストを描いています。アクセサリーやお菓子作り、ネイルなどの趣味を楽しんでいます

関連記事

今、あなたにオススメ