「誰にでもできる恋愛」と「あなたにしかできない恋愛」の違いとは

誤解を恐れずざっくり言ってしまえば、人々の嫉妬心だけを買う恋愛のことを「誰でもできる恋愛」と呼びます。
たとえばFacebookに海外旅行の写真や、高級そうな飲食店での写真などばかりをアップしている、いわゆるリア充の生活。そうした投稿をしている本人は特権意識を持ち、特別な生活をしているところにプライドを置いている(ように見える)にもかかわらず、それを見ている人々からすれば特別には見えません。”要するにお金があればできる暮らしでしょ”と嫉妬混じりに感じるだけなのです。それと同じで恋愛にもこうしたパターンのものがあります。要するに憧れはしない、どこにでもいるカップルだなと見なされてしまう恋愛も存在するのです。

目次 [開く]

2パターンの恋愛


上述したような、恋愛以外にどのような恋愛があるのか?
たとえば「あのカップルたちはすごいな。ちょっとやそっとでは真似できそうもないけど、どうにかあのカップルに追いつけるように、あたしも頑張りたいな」と思えるような恋愛があります。
テレビで報道される芸能人の恋愛を思えば、肌感覚で理解できるでしょう。
「こんなやつの恋愛なんて、ろくなもんじゃない」と思われてしまっている芸能人の恋愛と、「このカップルに追いつきたい」というかんじでお手本にされる恋愛……この2パターンが恋愛にはあるように思います。

2つの恋愛のちがいとは?


人々がお手本にしたくなるような恋愛と、嫉妬心ばかりを買ってしまう恋愛のちがいは、そこに希望があるかないか、ということだろうと思います。
希望というものは、極めて個人的なもの(概念)であり、希望がある恋愛をしているかどうかというのは、当のご本人でないと正確には分からないことかもしれません。
しかし私たちは、生まれもって備わっている直感で、そこに希望があるかないかを判断できるので、嫉妬される恋愛と、称賛される恋愛が、自然のうちに決まってくるのでしょう。特に昨今は、世論を無視して報道すれば視聴率が下がるということが、素人である我々にとっても周知の事実のようになっているので、そういう世論も考慮しつつ、マスコミは芸能人の恋愛模様を面白おかしく報道するのでしょう。

あなたにしかできない恋愛とは?


他人の目を気にしつつ恋愛をするというのは、優等生が天才的にうまく、そういうひとは、自然と「他人よりもいい恋愛」を望むので、どうしても特権階級とか特権意識というものを意識するようになるのだろうと思います。
でも、他人のことはさておき、カップルで、男女ふたりだけで、生きてゆくにおいて必要な希望をつむいでゆける恋をすること。これが「あなたにしかできない恋愛」です。
前述したように、希望というものは、この世における数少ない極めて個人的なものだからです。
人々の嫉妬を買うような恋愛をしていても、恋愛とはとても人間臭い営為なので、そこには希望が生まれてくる瞬間があるはずであり、なにも嫉妬を買うような恋がいけないということではありません。
ただ、あなたにしかできない恋愛をしていると、称賛などしてほしくなくとも、自然と人々に称賛される恋になるだろうと思います。おのずと好奇心の出方がちがってくるからです。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ