返信する気をなくさせる女子の“うざLINE”行動

「LINE」と言えば、いまやわたしたちの生活に欠かせない連絡ツールとなりました。その結果、「LINEを制する者は恋を制する」と言っても過言ではありません……! いや、言い過ぎか? なにはともあれ、好きな人との関係を深めるうえでLINEでのコミュニケーションが大きな比重を占めていることは、間違いないでしょう。ただ、相手気を引くために必死になりすぎては、ドン滑ってしまうこともあるので注意です。
今回は男性が返信に困る“女子のウザLINE”について考えてみましょう!

目次 [開く]

1. 面白系のスタンプで微妙な空気に


まずはこれ。クリエイターズスタンプの中でも、ギャグ系スタンプや、下ネタ系、自虐系、変なイラストのスタンプなど、「女子感」のないスタンプを頻繁に使う女子っていますよね。女性同士で送り合うのは面白いし、「お、気取ってなくてイイネ!」と思う男性もいるようですが、大半の男性は微妙なテンションになるんだとか……。

さらに、「『これを送ってくる私面白いでしょ?』って思ってそう」、「自分は他の女子とは違うっていうプライドがありそう」、などの印象を与えることもあるそうな。まぁ女子はそこまで考えて送っていないと思うんですがねぇ。というわけで、スタンプのセレクトは、オモシロいけど、ちょっと可愛らしさを残したものにするのが無難なようです。

2. 長文でパラグラフがいくつもあるLINE


次に“うざいな”と思われるのが、女子がやりがちな長文LINEです。いくつものテーマごとに、何個もパラグラフを分けて送る女子っていますよね? これが送られてきた男性は、「話題1」「話題2」「話題3」とそれぞれに返信をしなくては、とストレスを感じるんだとか。とくに仕事中にこういったLINEが送られてくると、げんなりしてしまうこともあるようです。その結果、返信がめんどくさくなり、LINEを止めてしまう人もいるので、気をつけたいところ。

3. 単語を何回かに分けて送ってくる


上記の長文LINEとは反対に、「まじか」「えっ」「てかさ」「あしたさ」「どする?」、のような短文で送る女子もいますよね? これも違和感を感じる男性が多いようです。男性からは、「頭が悪そうに見える」「伝えたい内容があるならちゃんと一回で送ってほしい」「未読が何件も溜まっているとビビる」という声がありました。長すぎず、短すぎず、適切な分量で送るというのが大切なんですね。

4. 謎のホウ・レン・ソウ


最後にこれ。気になっている男性に、「今日は○○に行ったよ」「六本木なう♪」「今からニット買うんだけど、どっちの色がいいと思う?」、という謎のホウレンソウをする女子です。さらに、こうした連絡に自撮り写真を添付してくる女子もいるそうな……。おばちゃんびっくりや……。これはもう“うざLINE”の代表格といってもいいかもしれませんね。なんでもあけすけに伝えるのではなく、日常を秘めることでエロさが出て、相手の想像も掻き立てるというもの。

というわけで、いかがでしたか? あれ、これ私のことか? なんて思ってしまう人もいるかもしれません。今後はそういったうざLINEを送って相手の男性を困らせないようにしたいものであります。
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ