相手が喜ぶクリスマスプレゼントの贈り方4か条

12月と言えば、クリスマス。恋人や気になるあの人にプレゼントを贈ろうと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、異性が喜ぶものを選ぶのって難しいですよね。

そして、やはり贈るなら喜んで使ってもらいたい。もっと言えば自分の存在を相手の日常にすり込ませたい……という想いをひそかに抱いている人もいるでしょう。今回は、相手が喜ぶプレゼントを選ぶコツを紹介します。

目次

1.相手の持ち物を観察する


まず基本として、相手の持ち物を観察しましょう。ネクタイは結構持っているな、定期入れは少し古くなっているな……など、相手の持ち物で古くなっているものはないかをチェックするのです。「いつも使うから古くなってきているけれど、わざわざ自分でお金をかけたくないな」と思っていそうなものをプレゼントすると、「そろそろ買い替えようと思ってた!」と喜ばれますし、使ってもらえます。何か気になるものがあったら、さりげなく「それいつから使っているの?」と聞いてみましょう。

2.SNSをチェックする


プレゼントを考える際に、見ておきたいのが相手のTwitterやFacebook、InstagramなどのSNS。ただ会っているだけではわからない、相手の最近のマイブームなどが見えてきます。気になる彼にさりげなくアプローチするのにも有効。例えば、彼が「最近洋酒にハマっている」と呟いていたら、変わったお酒をプレゼントしてみるのもいいでしょう。または「今は語学を頑張っている」と投稿していたら、○○などの英会話グッズを贈り応援するのも良いでしょう。ただし、「〇〇のDVD」など、ピンポイントで相手が欲しがっていたものをサプライズでプレゼントすると、相手が既に自分で買っている危険性もあるのでご注意を。

3.相手の生活を想像する


せっかくのプレゼント。できることなら相手に使ってもらいたいですよね。そのためには、相手の生活を想像することが重要です。前述したように、「自分ではお金をかけないな」と思っている物は使ってもらえる可能性が高いです。しかもそれが、「よく使うもの」ならば効果的。だから、相手の普段の生活を想像して、いつも使うけれどお金をかけていなさそうなものを探してみてください。また、生活において必ず目にするところはどこか考えてみるのも楽しいでしょう。私の友人の女性は、彼氏に部屋の電気のスイッチに取り付けるカバーをプレゼントしたそうです。キャラクターをあしらったそのカバーを見るたびに、彼は彼女のことを思い浮かべるのだとか。

4.こだわりの強いものは避ける


避けたいのは、相手のこだわりが強いもの。彼と好きなブランドが一緒、というのならば話は別ですが、基本的には相手の領域に踏み込みすぎない方が無難でしょう。また、女性からもらったことが周りからも明らかにわかるものも避けたいところ。家の中で使うものならばまだいいかもしれませんが、職場で使うものなどは恥ずかしくて使えない…なんてことにならないように、シンプルなものをプレゼントするのがスマートです。

プレゼントは選ぶ過程も楽しいもの。今年は観察力と想像力を働かせて、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。
(五百田達成)
1

この記事を書いたライター

五百田達成
作家・心理カウンセラー。「男女コミュニケーション」「きょうだい型性格分析」「ことばと伝え方とSNS」をテーマに執筆・講演。35万部を超える「察しない男 説明しない女」シリーズほか著書多数。

関連記事