繰り返す大人ニキビを予防! 大人ニキビを予防する基本の洗顔方法

ニキビといえば思春期の代名詞のようになっていますが、オトナ女子にとっても厄介な存在。特に生理前後に、小鼻の頭や頬にポツンとしたコメドができると「はぁ……」とテンションが下がってしまいますよね?
思春期ニキビと以上に繰り返しやすい大人ニキビ。この大人ニキビができやすい人の生活習慣として、洗顔が不十分という点が挙げられます。特にメイク落としは重要ポイント。今回は大人ニキビができやすい洗顔に関して注意点をご紹介していきます!

目次

1.シートタイプのメイク落としを使っている


よくドラッグストアで見かけるボックスに詰め込まれたシートタイプのメイク落とし。これはたしかに旅先などのお供にはもってこいですが、日常的に使うとなると、強くゴシゴシとこすってしまう可能性があり、お肌を傷める原因になってしまいます。また毛穴にクレンジングを押し込んでしまう可能性もあるためあまりおすすめはできません。
もしシートタイプを使うのであれば、せめて拭き取りタイプのメイク落としを使いましょう。その際もティッシュではなく、肌に優しい柔らかい素材でできたコットンを使い、優しく拭き取ってくださいね。お肌は、代えがきかない存在です。丁重に扱ってあげてくださいね。

2.石鹸で2度洗いしている


はい、石鹸で2度洗い。身に覚えのある方はいらっしゃいますか? 
たしかにアイメイクをせず、さらっとしたナチュラルメイクでお出掛けをした時は、「もう面倒だし石鹸で2度洗いでいいや」と思ってしまうかもしれません。しかし、石鹸は顔を洗うためのものでメイクを落とすものではありません。それなのに2度洗いをしてしまうと、お肌の細かい凹凸部分に残っていたメイクの汚れが取れていなかったり、またお肌にとって必要な皮脂まで取ってしまい乾燥肌になってしまいます。お肌は乾燥すると、防衛本能が働き肌を守るバリアを作るために余分な皮脂を分泌させます。すると、テカリ肌へと変貌を遂げ、ニキビを作る原因になってしまうのです。気を付けましょう。

ニキビ予防の基本は、まずお肌のお手入れです。そのためにも、洗顔の仕方を見直しましょう。汚れには水溶性と油溶性があり、チリやホコリ、汗やあかは水溶性なので石鹸で落ちます。しかし、メイクや皮脂は油溶性なので、メイクを落とす時はクレンジングクリームや専用のメイク落としを使って綺麗に落とす必要があるのです。
そうしてメイクを落とした後には、石鹸を使ってよく泡立て、その泡で洗顔をしましょう。
このダブルクレンジングこそがニキビを予防し美肌を作るコツです。
大人ニキビに悩まされているという方はぜひ参考にしてみてくださいね。
(桜井桃子)

参考文献
『キレイのきほんなりたい自分をつくるエステブック』著者:手塚圭子(大和出版)
1

関連記事