突然のLINEブロック! 好きな相手に完全に拒否られたときの対処法

「え、ウソ、なんで彼からブロックされてるの……!?」

……「なんとなく好かれていないのかも」なんて感じるだけならまだマシ。
しかし男性というものは、ある日突然なんの理由も告げず、相手を「拒否る」という“過激な”行動に出たりしないだろうか?

今回は突然のLINEブロックなど、「好きな男性からあからさまに避けられてしまったとき」の対処法をお伝えするので、途方に暮れるまえに読んでみて欲しい。

目次

1.それとなく周囲に探る!


・「それまで毎日のようにLINEのやり取りをしてた彼の連絡がイキナリ途絶えた。数日待ってはみたけど心配になり、『大丈夫?』と送ってみたら、無反応でなんとブロックされていることが分かった! 『え、え、なんで? なんで??』って大パニックになったけど、彼本人には事情を確かめる術がなく、代わりに彼の友人や同僚に聞いてみた。すると、彼は仕事で大きなミスをして、落ち込み、周囲との連絡を絶っていたらしい……。一週間後、『ごめん……もう大丈夫だよ』ってLINEが来たときは本当にほっとしました」(30代・損保)

――「突然連絡が途絶えた」「明らかに拒否された」場合、正面きってその男性に立ち向かうべきではない。「無視してんの?」「どうして?」とやっきになって責めれば責めるほど、男は「うるせえ!」と逃げてゆくものなのだ。事情を知りたくてたまらないときは、彼本人からではなく周囲からそれとな~く彼の状況を探るようにしよう。
男性の“突然の拒絶”はこのケースのように案外「な~んだ」という場合も多かったりもする。その場合ヒステリックな姿を見せてしまっては、なんてことない事態も悪化するだけなのである。

2.LINE以外の他の方面から攻めてみる!


・「理由はまったくわからないけど、気になる人からLINEブロックされたことがあった。『コレって失恋?』と頭の中は真っ白……。もしかして操作ミスかもと思い『なんかLINEできないみたいです~』と軽い感じでメール送ってみたら、それも迷惑メールアドレスになってるのか着信拒否で届かず……。『もうダメ、完全に嫌われた……!』って号泣しまくったけど、諦めたくなかったから最後の手段で思い切って電話してみた。そうしたら出てくれて……。『ごめん、君とのやり取りがあまりにも多くて負担になってた。ちゃんと言わずにごめん……』と謝られた。結局失恋は失恋だったけど、最後にちゃんと理由を知ることができて良かったと思う。私も確かにウザかったなあと今は大反省……次は気をつけよっと」(20代・マスコミ)

――現代で「誰かに連絡を取りたい!」と思ったとき、通信手段はたくさんある。メール、LINE、Facebook……。ちょっとクラシックなところでは手紙、さらには電報だってちゃんとまだ生きている。もしもLINEをブロックされてしまったらSNS、それがダメならメール、電話。そして電話さえ無視されるようなら直接対決……と、ひとつの道が塞がれても、彼とコンタクトを取る方法はその気になればいくらでもある。ゆえに「もしも……」の時に備えて、「彼とのツール」は日頃から数多く確保しておいたほうがよいだろう。それがこのエピソードのように、イザというときあなたの「心」を救うのだから……。

本当に愛しているなら「彼の意思」を尊重すべし


誰だって好きな人から突然無視や拒絶されたら悲しい……。
せつなさだけではなく、次第に悔しさも加わり腹だって立つだろう。
「私のことイヤになったにしても、こんな一方的なヤリ方ってアリ? ひどすぎる……」と相手に失望し絶望する。
恋をしていてこれほどまでにやりきれないことはないだろう。

……けれど、彼があなたと連絡を絶ったのは、それがどんなにくだらない理由であれど、「あなたとやり取りをしたくないからこそ」なのである。
ならば、女が取るべき賢い行動は、彼の“イヤだ”というその意志を尊重すべきなのだ。
確かにズルいし理不尽なことであっても、「あなたを無視すること」=「いまはお前と話したくない」という無言の意思表示なのだ。「話したくない」というキチンとした“答え”があなたの目の前に突き付けられているのである。ならば素直にそれに従ったほうが事を荒立てずに済む。

愛情とは互いの意思を尊重することにある。
もしも、あなたが彼と口をききたくない時に、しつこく彼が追ってきたとしたら……? あなたは彼のことを「私の気持ちを考えてくれない鈍感な人」として嫌いにならないだろうか?
「急に連絡を絶った彼」もおなじことなのである。追えば追うほど、問い詰めれば問い詰めるほど、彼は「俺の希望を受け入れてくれない空気の読めない女」だとあなたから心がさらに離れてゆく。……だからこそ「真っ向から戦わない」というのはこの場合は「正解」でもあるのだ。

しかし、彼に“ひとりにする時間”を与え、自由にしてあげたのにもかかわらず、それでもあなたの元へ戻ってこないような男ならその男はあなたに相応しくない。
その程度の男なのだ。

「突然連絡を拒否する男」なんて、メールだけでなく人の気持ちをも平気で無視する自分のことしか考えないナルシストでしかない。
現実からもあなたからも“黙って逃げた卑怯な男”として、あなたの人生から削除して欲しい。
(神崎桃子)
1

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニストとして活動し、ヒット記事の数々生み出す。大手ポータルサイトにてコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題を得意とし、文章セミナー、婚活セミナー講師も手がける。

関連記事