テクいらずで立体顔の完成! この春チャレンジしたいマツエクのメリット&メンテナンス方法

「あっ、この人可愛い!」と思う女の子はたいてい目がぱっちり。たとえ、少女マンガのヒロインのように長いまつげと大きな瞳は手に入れられなくても、目元が印象的だと、顔全体が華やかな印象になるんですよね。というワケで、今回は簡単にお目目ぱっちりになれる、まつげのエクステ“マツエク”についてご紹介します。

今回、お話をお伺いしたのは、人気美容室MINXから誕生したまつげエクステサロン MINXeye アイリスト・湖口茉莉さん。具体的な施術方法からメンテナンス方法まで優しくお話頂きました!
この春チャレンジしたいマツエクのメリット&メンテナンス方法
この春チャレンジしたいマツエクのメリット&メンテナンス方法

目次 [開く]

初めての方のために。まつげのエクステンションってなんですか?


まつ毛1本にエクステを専用の接着剤で付けていく技術です。
まつ毛のボリューム・カール・長さをセレクトし、自分のメイクではつくれない仕上がりにすることができます。

マツエクをするとどんなメリットがありますか?


マスカラやつけまつげと違い、メイクオフする必要がなく、洗顔をしても綺麗な状態が続くので、「面倒な手間がなくなった!」と言ってくださるお客様が多いですね。それに、マツエクをしている横顔は、顔の彫りが深く見えてステキなんです。ハイライトやローライトを使って、メイクで立体感を作るのも良いですが、テクニックが必要。でも、マツエクなら、その手間もいらず自然にメリハリのある顔が作れるんです。

具体的にどうやってつけるの?


基本的には次のような流れで施術を行うことが一般的です。

1.カウンセリング
デザインの相談や、お肌の状態、アレルギーの有無をチェック。長さ、カール、本数などの打ち合わせをします。お客様のご要望にそって相談にのってもらうことが可能なので、不安な方はこのタイミングでアイリストの方とよく打ち合わせを行うとベストです!

2.保護
上まぶた、下まぶたの保護のために専用シートを貼ります。

3.クリーニング
まつ毛を一度綺麗な状態にします。メイク汚れ、皮脂汚れなどを落とす作業です。
つける前にしっかり洗浄することでエクステの持ちを良くしてくれます。

4.エクステンション
専用のツイザーを使い、自まつ毛1本にエクステンション1本を付けます。まつげ根元から少しあけたところにつけていくため痛みや違和感がありません。

5.ドライ
専用のドライヤーでエクステンションの接着部分を乾かします。

6.完成
ボリューム、長さがアップし目元の印象が変わります。

どれくらい持ちますか?


まつげも日々生え変わるものなので、付けた本数やライフスタイルにより個人差はありますが、大体ナチュラルな仕上がりで1カ月に1度ご来店頂いて、取れた部分の付け足しをすると綺麗な状態で過ごせます。
付け足すか全部オフして付けるかはお客様のご希望やその時のまつ毛のコンディションによって決めています。
上が施術前、下が施術後。印象がだいぶ違って見えますよね!
上が施術前、下が施術後。印象がだいぶ違って見えますよね!

付け足しの場合はサロンによっても違うのですが、MINXeyeでは自まつ毛が成長して伸びてしまったエクステ、横に倒れたエクステ、取れそうなエクステを部分的に専用リムーバーでオフ。綺麗に付いているエクステを残して付け足しをします。
エクステの残りが少ないときや3〜4カ月に1度全てオフして、まつ毛の根元の洗浄をおすすめすることも。

マツエクの上からマスカラを塗っても大丈夫?


はい、大丈夫です。ただ、その場合はエクステ専用のマスカラの使用をオススメします。まつげの根元から塗らずに、エクステの中間から毛先に軽く塗って下さいね。それだけでも十分はっきりします。


ほかに、何か気をつけることはありますか?


エクステは指で触らず、専用のブラシでとかしてケアをして下さい。また、メイク落としはふき取り式を使用せず、オイル成分が入っているクレンジングも避けましょう。とてもデリケートなので、上から下に優しくなでるように洗浄してください。
また、コットンはエクステに繊維が絡んでしまうので、目元への使用は控えることをオススメします。

さいごに


湖口さんは、マツエク初心者であまり派手にされたくない方には、「いつものビューラーやマスカラでメイクしたような仕上がりから始めてみませんか?」と提案されるのだそう。また「また、まつげエクステの施術者には、美容師免許所持が法律で義務付けられています。カウンセリングをしっかり行ってくれるサロンを選ぶことをおすすめします。安全で安心な施術を受ける前に充分な説明を受け、不安を取り除いてから施術をうけると安心です」とのこと。

筆者も、マツエク歴5年以上ですが、納得がいくサロンを見つけるまでに3年以上かかりました。個人のまつげの状態や、まつげのデザインについて親身になって一緒に考えてくれて、センスが合うアイリストさんとの出会いは本当に大切。特に初めての方は、不安のまま施術を受けてしまうと、イメージと全然違う仕上がりになってしまうこともあるので、最初に質問やこんな風にしたいということをきちんとアイリストさんに伝えた方がいいかも。一瞬にして、顔の印象を華やかにしてくれる“マツエク”。次回の応用編では、今年のトレンド、マツエクのデザインについてご紹介します!
(ミカマイコ)

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事