遠距離恋愛から結婚を導く「さしすせそ」

遠距離恋愛を強いられてしまったカップルにとって、一番気になるところは将来の2人の関係ではないでしょうか?「距離」と言う障害があって、このまま交際を続けて行けるのか、無事に相手と結婚までたどり着くことができるのか……。

そんな悩みを抱えている女性のために、遠距離恋愛を成功させて結婚へと導くために必要な「さしすせそ」をご紹介したいと思います。この「さしすせそ」を意識していれば、遠距離恋愛はもう怖くなくなりますよ!

目次

1.「さ」サプライズを常に意識する


遠距離恋愛を続けていくうえで、サプライズを常に意識すると言うことはとても重要です。会う回数や一緒に過ごす時間が普通のカップルと比べて少ないのは当たり前なので、思い出をどれだけ濃密にできるかというところポイントになってくるわけですね。

そこで重要なのがサプライズです。会う時にちょっとしたプレゼントを渡したり、何の前触れもなく手紙を送ってみたり。予告なく会いに行くという行動を起こすのもアリでしょう。1つの行動でどれだけ相手の心を動かすことができるかが、遠距離恋愛カップルにとっては何よりも重要なことなのです。

2.「し」信じる気持ちを大切にする


遠距離恋愛を続けていくうえで、信頼関係を築くのはとても大切なことです。距離がある分いつでも顔を見て話せるわけではなかったり、会いたい時に会えるわけではないという現実を目の当たりにすると、ついつい相手を疑う心が芽生えてきてしまうものです。

「本当に仕事なの?」「本当に男友達?」「もしかして浮気してない?」そんな疑いの心を持っていたら、2人の関係も上手くいくわけはないですよね。相手を信じる気持ちを大切にすると言うのは、信じられない相手じゃないと遠距離恋愛は続かないと言い換えることもできます。疑うよりもお互いの愛する気持ちを信じることを意識するようにしてみましょう。

3.「す」すぐには結論を出さない


遠距離恋愛を続けていると、何かにつけてすぐに結論を出してしまいたくなることは多いと思います。例えば「もう別れる」「会う日が決まらないから会わない」「相手のいるところに引越しをする」などなど、あげればキリがないですね。そんな決めなければいけないことに対して、すぐに結論を出すのは止めた方が良いでしょう。

遠距離カップルは離れている分「時間が無い」と焦ってしまいがちですが、実はそんなことはありません。良く考えてみると「どうしてそんなに焦っていたんだろう?」と思わせられるのは良くあることです。まずは自分の立ち位置を確認して、焦って結論を急ぐ癖を見つめ直してみましょう。

4.「せ」背伸びし過ぎない


遠距離恋愛カップルによくある破局の原因は「片方が背伸びし過ぎてしまうこと」にあると私は考えています。時間を無理に作ってでも会いに行く、たまにしかデートができないから金銭的に無理をする、相手の環境がわからないから話を合わせるなどなど……。

そんな風に相手に合わせて背伸びをしすぎることは、結局遠距離恋愛を破局に向かわせてしまう可能性が高くなってしまう行為です。遠距離恋愛だからと無理をせずに、お互いが等身大で付き合うことを意識することをおすすめします。

5.「そ」束縛をしない


遠距離恋愛は不安が多いですし、ついつい相手を束縛したくなる気持ちはよくわかります。でも、相手の行動を制限することは結局何も生み出しません。不安が減ったとしてもフラストレーションや不信感が溜まってしまう可能性も高いですね。

ですから束縛して安心感を得るような付き合い方は止めた方が良いでしょう。お互いが今ある環境をきちんと楽しむ、相手の環境を尊重する。そのうえで2人で話をする時間も大切にすることができれば、きっとお互いを認め合い将来のパートナーとして認識できると思いますよ。

以上の「さしすせそ」を日常の付き合いの中で意識できれば、きっと彼との遠距離恋愛を成功させて、結婚を導くことができると思います。ぜひお試しください。
(Yuzuko)
1

この記事を書いたライター

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事