種類別にチェック! ダイエットや美肌効果を高める、正しいお水の飲み方

「水って種類が多いけど、どれがいいの?」
「本当に痩せられる? 肌までキレイになるなんてウソでしょ?」

水が美容や健康にいいと耳にしたことがあっても、その事実を信じられないという女性はいませんか? それはもったいない!
最近は水素水やシリカ水、サルフェート水など、いろいろな水が手に入りやすくなっています。
そこで、今回は水の効果的な選び方と飲み方をご紹介します。

水を飲むだけで、脂肪が燃える理由


健康で標準的な体重の男女14人を対象に、水を0.5リットル飲むと、エネルギー代謝にどんな変化が現れるか、ドイツ栄養研究所のM・ボッシュマン博士らが行った研究があります。その結果、性別を問わず、消費カロリーは飲水後に30%も高まることが明らかに!

ダイエット効果を高める水


・サルフェート水(超硬水)


サルフェートとは温泉に含まれている成分の1つで、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルと硫黄が結合した硫酸塩の別名。有害物質や血液中の老廃物を体外に排出する働きや、新陳代謝を高める作用があります。
細胞が活性化し、疲労回復効果やデトックス効果、便秘解消効果も抜群。また、アセトアルデヒドを排出する作用もあるので、二日酔いにも効果的です。

・海洋深層水


ダイエット中に食欲が抑えられない症状は、体の深刻なミネラル不足によるもの。水深200m以上からすくいあげた海洋深層水は、化学物質による汚染の心配もなく、自然のミネラルがたっぷりです。ミネラルを上手に補給することで、ドカ食いの心配は減るでしょう。また、豊富に含まれるカルシウムが、脂肪燃焼を促進、脂肪吸収を制御する効果も指摘されています。

赤ちゃんのプルプル肌の秘密は水分量


新生児は体のおよそ80%が水分でできています。そして年齢を重ねるほどに体内の水分量は減り、乾燥が進みます。赤ちゃんのプルプル肌と大人のカサカサ肌の違いは水分量というわけです。乾燥は、たるみや毛穴のひらきの原因にもなります。体の中をつねに水で満たすようにして、プルプル肌をキープしましょう。

【美肌効果を高める水】


・シリカ水


シリカ(ケイ素)は体内の組織と組織を連結させる、重要な働きをするミネラルです。コラーゲンを生成してくれる成分でもあります。

・アルカリイオン水・温泉水


体内が酸性になるとニキビの原因に。アルカリ度の高い水で体を弱酸性に傾けることで、ニキビを体の内側から改善させる効果があります。 

・水素水


紫外線はメラニン色素を刺激し、シミやシワの原因になる活性酸素を作り出します。水素水は、活性酸素を除去する効果が絶大。ほかにも、免疫力アップ効果が期待できるなど、今大注目の水です。

飽きない水の飲み方テクニック


ただ同じ水を飲むだけでは、飽きてしまう場合もあります。そんなときはシーン別で水の種類を変えるといいでしょう。
朝や寝る直前は、口当たりの優しい軟水。
仕事中は活性酸素を取り除く水素水。
運動前は超硬水。
運動後はミネラル補給のため海洋深層水。

すると味わいが変わり、飽きずに水を飲み続けることができます。
また、水は一気に一日分を飲むよりも、少しずつ飲むほうがいいです。30分にコップ1杯程度が理想ですが、忙しいときは無理なので、1日に10回、コップ1杯飲むのを目安にしてください。そうすることで体の中はつねに水分で満たされるようになります。
みなさんも賢く水を飲んで、赤ちゃん肌&美ボディを手に入れましょう。
(YUE/プロップ・アイ)

この記事を書いたライター

YUE /プロップ・アイ
美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

関連記事

今、あなたにオススメ