ヒールをやめたら彼氏ができた!? デートの成功率とファッションの関係

デートに何を着ていくかは、女性の悩みのひとつ。日程の約束をしたら、すぐ「どの服で行こうか」を考え始める人も多いのではないでしょうか。デートはどうしても「一番ステキな自分を見せたい!」と気合が入りすぎてしまうのが常ですが、さまざまな話を聞くなかで最近思うのは、実はファッションに気合を入れすぎないほうがデートはうまくいっているケースが多いのではないか、ということ。「出会いの場で無理なヒールをやめたら彼氏ができた」「普段着で行った場所で、今の旦那と出会った」なんて実際談も。気合を入れたファッションは、なぜ効果的に作用しないのでしょうか。

目次 [開く]

気合を入れすぎないほうが、デートがうまくいきやすい理由


気合を入れたファッションの恋愛における難点には、以下が挙げられるかと思います。

・気合が入りすぎたファッションは、「物欲しさ」「焦り」が透けてみる!?
女性は見た目が大事だといわれるし、オシャレなほうが異性にも喜ばれる。実際に「ゆるふわパーマがいい」「ワンピースが好き」とかいう男性も少なくないです。でも「それだから、好きになる」というわけでもないのが恋愛の難しいところ。

男性で考えてみると分かりやすいですが、頭の先からつま先までビシッとスーツで決めた男性と、カジュアルな格好でふらっと来た感じの男性と、どちらが魅力的に感じるかといえば、必ずしも前者ではないですよね。本当にオシャレ好きで、自然に着飾る習慣がある人は構わないのですが、デートのときだけ気合を入れてしまう人は、「相手に気に入ってもらおう」という意図が透けてみえがちで、相手を構えさせてしまう可能性もあるので要注意。

・「よそいき気分」すぎると、素の魅力が出せなくなる
洋服は着ている人の気分も大きく左右します。背伸びのファッションをしているときは、自然と気分も“よそいき”になる。それも楽しいものですが、自然体で振る舞えないデートはおおかた失敗します。自分の気分を「普通」「自然体」にするためにも、いつもにちょっとだけオシャレな小物をプラスする、くらいがちょうどいいのかも!?

・「歩き疲れて、気分が下がる」のもマイナス
ヒール靴にも要注意。人は疲れるとどうしても気分が落ちてきます。「ヒールでオシャレしてきたんだから、ゆっくり歩いてよ」なんてイライラするより、自分も歩きやすい靴で行って一緒にガンガン歩いたほうが楽しいデートになりそうではないですか?

気にするといいファッション・ポイントは?


では、逆にファッションのどんな点に気をつけるといいのか。オススメは以下です。

・「トップス」に気合を入れろ!
まずはこれから。デートはカフェや飲食店で近い距離で話すことが多いです。つまり異性といる時間、主に見られるのは「顔まわり」と「上半身」ということになります。ふと立った瞬間に足元のオシャレが見えるのも確かにステキですが、長い時間見られることを考えると、やはり自分の顔が引き立つ色合いの「トップス」を主役にしたほうが、相手を魅了しやすいかも。

・下半身が気になるなら、「ロングスカート+スニーカー」がオススメ
私はスタイルが悪いから、バランスが取れないから……とヒール靴にこだわる人は多いですよね。でも上述もしたように、ヒール靴は諸刃の剣。下半身が気になるなら、そしてパンツスタイルでは女らしさが足りないと思う人は、昨今たくさん出ているロングスカートがオススメ。それで楽な靴を履いておけば、快適に歩けるし、かつ女らしさもある仕上がりになるはず!

・「好みが分かれる香水」「濃いメイクは苦手」は、男性の共通心理!?
香水やメイクにも注意です。人は皆「いい香り」が好きですが、好みもあるし、過剰に香りすぎると逆に嫌悪感にもつながります。相手の好みがわからないうちは、香水は控えめに。シャンプーやボディクリームなどの自然な香りだけでも、十分だと思います。メイクも同様、濃いのを好まない男性は本当に多いです。「いつも濃いメイクで、これが私らしさなの!」ということならば堂々と貫き通していいと思いますが、デートだからと濃くなりがちな人は、程度に気をつけて。むしろいつもよりナチュラルくらいに仕上げてみるのもオススメです。

“自分らしくいられるファッション”を鍛えよう


もちろん、あえての“モテファッション”を着てデートをするのも、それはそれで楽しいものです。「今日の私はキレイ!」と自分で思えると、テンションも上がって楽しいですよね。

ただ、結婚まで考えられる異性を探している男女は、相手に対して「居心地のよさ」「自然体でいられること」を相当に重視しています。男女問わず、“恋愛だけ”を求めていた頃とは異性を見る目が変化している……ということですね。背伸びのファッションをして気張りすぎたせいで、「この人は合わないな」と思われてしまうより、自分らしいファッションでどこにでも出かけていき、そのなかで「それがいい」といってくれる男性と仲良くしていったほうが、恋愛での成果も出やすいはず。

自分に似合うスタイルを確立するのにも鍛錬は必要ですが、毎日試せる場があるのもファッションのいいところ。毎日少しずつオシャレを鍛えつつ、その上での”自然体ファッション”でデートに出かけていってみてはいかがでしょうか。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ