失恋から早く立ち直りたい! 新しい恋に踏み出すための3ステップ

出会いの多い季節になりましたが、恋のチャンスが舞い込んできても、過去の失恋が忘れられないと気が乗りませんよね。
何もしない時間ができると、好きだった相手のことが頭に浮かんでは気分が沈んだり、仕事でつらいことがあるたびに孤独を感じてしまったり……。
でも、春から夏にかけての季節は、恋を盛り上げるイベントが盛りだくさんです!
チャンスが来たら、すぐ臨戦態勢になれるよう、今のうちにつらい恋は忘れましょう。
そこで、失恋を断ち切るための3ステップをご紹介します。
特にステップ1が大事です……!

目次 [開く]

ステップ1.呪う


失恋してすぐの時は「もうダメだ」「なにがダメだったんだろう?」「あの時こうしていれば……」など、答えの出ない問題に悩まされますよね。
でも、まずは終わってしまった恋だと自分一人で冷静に受け止めることが必要です。
そしてあまりにもつらければ、時には思いっきり呪ってみるといいでしょう。
思い出を美化したり、無理をして自分が良い人になろうとしたりするのは、余計に立ち直れなくなります。
嫌だったことを思い出して、徹底的に嫌だったと思えば、案外スッキリします。
思いっきり傷ついて、泣いて、わめいて、まずは恋の終わりを受け止めてください。

ステップ2.とにかく気分転換!


ステップ1で失恋を過去のモノだと受け止めたら、とにかく気分転換しましょう!
一人旅もいいですし、女子会で友達に話を聞いてもらうのもいいでしょう。好きなものを好きなだけ食べるのも元気が出ます。
その他新しい趣味を始めると、出会いも期待できてオススメです。
ただ、ステップ1をクリアしていないと、気分転換どころか現実逃避になってしまうだけで、よりつらくなってしまいます。
女子会やエステが楽しくなればなるほど、「こんなに楽しいのにどうしても気持ちがついていかない……」と、余計にむなしさを感じてしまうので、まずは一人で悲しみを受け止める時間が大切です。

ステップ3.出会いの選択肢を増やす


まだ完全に傷が癒えていなくても、70パーセントくらい立ち直れたら出会いを求めた行動を起こしましょう!
行動を起こすうちに傷が癒えていきます。
それまでやったことがなくても、自分からプチ同窓会を企画したり、合コンに参加したり友達の紹介を頼ったり、出会いにつながりそうなことならなんでもいいので同時並行で進めていきましょう!
「結婚相手を決めるわけだから、慎重に真面目に……」なんて深く考える必要はありません。新しいパートナーというより、人脈を増やそうと気軽に行動を起こしてみてください。
新しいパートナーという視点で初対面の人を見てしまうと良くも悪くもフィルターがかかってしまうので、純粋に知り合いを増やそうという気持ちで出会いを広げていってくださいね。

失恋から立ち直るためには、真っ先に自分と向き合う時間が大切


いろいろ行動を起こすのは大切なことですが、気持ちがついていかないまま現実逃避をしても、モヤモヤして余計に悲しさが募ってしまいます。
友達やペットは近くで悲しみに寄り添ってくれる強い味方ですが、最終的には自分自身の中で悲しみを昇華させるしかありません。
一人ヤケ酒もたまにはいいと思いますよ!
(おーさか ちさ)

この記事を書いたライター

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ