髪ダメージの原因は… 少し気をつけるだけで髪が生き返る方法とは

ヘアケアに気を遣っているのになんだか髪の毛の調子が悪い……。

そんな方は根本の原因から見直してみてはいかがでしょうか。パサつき、毛先が細い、枝毛や切れ毛、それらの多くは髪が紫外線を浴びることに原因があるそうです。紫外線は年中あることはご存じの方も多いと思いますが、これからますます本格化する季節に髪は想像以上にダメージを受けているのです。

そこで、今回は紫外線によるダメージを防ぎ、艶やかな髪を守るための方法を髪の専門家にアドバイスを受け、ご紹介。

目次 [開く]

シンプルな紫外線予防策から始めよう


肌には日焼け止め、でも髪は無防備なまま……という方が多いです。一番シンプルで簡単な髪の紫外線予防策は帽子を活用すること。UV機能の付いたものならなお良しですが、直接的に紫外線を受けないというだけで髪のキューティクルは守られます。

髪のダメージの原因の多くはキューティクルがはがれてしまうことによって発生します。乾燥させない、紫外線にさらさない、髪のためには帽子が有効なのです。オシャレも楽しみつつ髪も守れるなんて一石二鳥、と思いますが夏に帽子をかぶると髪がペチャンとなりがち。

そんなときは首の近くでまとめたローシニヨンのアップスタイルが大人っぽさと涼しさも兼ね備えて、前髪が多少ペチャンとなっても気になりにくいのでオススメです。帽子とヘアスタイルのバランスも楽しんでみてくださいね。

アップスタイルにすることにより、紫外線にさらされる髪の面積も減るのでダメージも抑えられる効果もあります。日傘+アップスタイルという組み合わせもいいですね。

UVケア機能付きのシャンプーやヘアケア剤を使おう


一年の中でも最も紫外線が強くなる季節だけでもUVケア機能の付いたシャンプーやヘアケア剤を使うことをオススメします。日常的にしっかりケアできるので、ダメージが格段に緩和されます。洗い流さないタイプのトリートメントなら艶を保ちつつUVケアができるので一石二鳥。

実は髪の毛は肌の5倍もの紫外線を受けている


直接的に日光を浴びてしまう髪は、顔や肌の5倍もの紫外線を受けています。しっかりケアしないとどういうことになるのでしょうか。切れ毛、枝毛だけでなく、退色ということが起こってしまいます。サロンでカラーリングをしてもすぐに色が抜けてしまったり、黒髪なのになんだか赤っぽくなってしまったり……。美しいカラーをキープするためにも髪の紫外線対策は必要なことなのですね。
(小原緋紗子)

この記事を書いたライター

小原緋紗子
神戸出身のフリーライター。興味が湧けば、とことん追求するタイプ。 食を愛する気持ちが人一倍強いので、美味しいものを食べているときが一番幸せ。

関連記事

今、あなたにオススメ