理想的なヒップラインを手に入れるために知っておきたいこと

美しいヒップは女性らしさの象徴。

日本人の体型の弱点とも言えるヒップを強化するためにはスクワットで筋力をつけることが重要です。

目次 [開く]

日本人女性がカーヴィーなラインを作るためには努力が必要


日本人の多くの女性は骨盤が狭く、細身の体型の方が多い傾向にあります。20代まではヒップラインは崩れていなかったのに、30代に入るとお尻と太ももの境界線が曖昧なことになっていったり、メリハリのない下半身のラインになりがち。

それはお尻の肉をキープするための筋肉の低下が原因。ウエストとヒップの差がハッキリした女性らしい体のラインを作るためには日々の努力が必要です。

ヒップアップに効果的な筋トレは何?


美しいヒップラインを現実のものにするには、筋トレが効果的。腰からお尻にかけての滑らかなラインを作るために最も効果的なのはスクワット。スクワットと言えば、太ももが強化されてしまうのでは? と思う方も多いと思いますが、意識を背中からヒップのラインに集中させると、女性らしいボディラインを作るには大変有効な手段です。

お風呂上がりなどに髪を乾かしながら、寝る前のリラックスタイムに、など習慣づけて実行すると良いですね。ポイントは少しだけ前傾姿勢をキープしてお尻に力を入れながらトレーニングをすること。こうすることによって、お尻を支えている筋肉に負荷がかかり、効果的なトレーニングとなります。

スクワットに続いて余裕があれば是非実行したいのがアキレス腱伸ばしの姿勢。こちらもスクワットの前後に実行するとより効果的。膝への負担を軽減する効果もあります。

全方面からチェックしたいヒップライン


自分では真後ろから見たヒップラインは見にくいものです。セルフタイマーやお友達、家族に後ろから見た写真を撮ってもらいましょう。後ろ、横、前全ての方面から見たヒップラインを定期的にチェックしてトレーニングの効果を感じましょう。太ももとヒップの境界線がハッキリしてきたら効果が現れている証拠です!

メリハリボディが手に入ったら楽しみなこと


理想的なヒップラインが作られてくると、楽しみなのは下着選び。可愛いショーツはメリハリボディあってこそ。セクシーなタイプからキュートなタイプまで、今までの自分とは違ったタイプを楽しむことができるようになりますよ。海外のブランドに挑戦するのもローリエ世代にオススメです。

ところで、大きいお尻がコンプレックス……という方にこそオススメしたいのがサイドストリングのTバック。ボリューム感のあるお尻だからこそ生きるデザインです。そう、「お尻が大きい」のは魅力的なことなのです。大切なのはメリハリと筋力。日本ではまだまだその認識が浸透していませんが、細いだけではない、女性らしさを意識した体作りを心がけていきたいですね。
(小原緋紗子)

この記事を書いたライター

小原緋紗子
神戸出身のフリーライター。興味が湧けば、とことん追求するタイプ。 食を愛する気持ちが人一倍強いので、美味しいものを食べているときが一番幸せ。

関連記事

今、あなたにオススメ