紫外線で弱ったお肌にはちみつ美容に夏こそトライ!【イラスト】

紫外線が強くなりお肌のダメージも気になる季節ですが、そんな夏こそはちみつを使った美容法がおすすめです!
今回イラストでご紹介するものは、どれも手間がかからずすぐにできるものばかりなので、お気軽に内側&外側両方のナチュラルケアで美肌と健康をゲットしちゃいましょう!

紫外線で弱ったお肌にはちみつ美容に夏こそトライ!【イラスト】の1枚目の画像


目次

はちみつのスクラブ


はちみつにはビタミンB群やミネラルが豊富で、保湿性や抗菌作用もあり疲れたお肌のケアにぴったり。
というわけで、塩とはちみつのマイルドなピーリング効果を利用したスクラブをスペシャルケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

顔に使う場合は、はちみつ小さじ1強に塩小さじ4分の1(分量はお好みでOK)を混ぜて肌にのせます。
優しくマッサージをするだけですが、洗い流した後は意外とさっぱりするので肌のゴワつき解消におすすめです。
個人的に、スクラブは特別な日のケアとして週に1回ほどの頻度ですが、はちみつだけを顔に塗ってパックにしたり洗顔料にはちみつを入れて泡立てたりするのは毎日でも楽しめます。

ナッツのはちみつ漬け


ビタミンが豊富なアーモンド、カシューナッツ、くるみなどのナッツ類とはちみつをビンに入れておくだけで、エイジングケアにも効果的な美容フードが常備できます。
暑くなってアイスクリームを食べる機会が増えてしまっても、ナッツのはちみつ漬けを添えることで罪悪感が減るのもうれしいですね♪

はちみつレモンソーダ


用意するものは無糖炭酸水とはちみつとレモン汁の3つのみ。

作り方は、コップ1杯の炭酸水にレモン2分の1個分を絞り、はちみつを小さじ1杯入れるだけ(分量はお好みでOK)。簡単レシピですが、とてもおいしくて飽きのこないさわやかさで、これからの季節にぴったりのおすすめドリンクです!
私はこれが大好きで一年中飲んでいますが、特に初夏から夏にかけては家に帰ってこれを飲むのがとても楽しみです。

今回は、“はちみつで楽しめる美容”のほんの一部ですが、コツや手間がほとんどいらないものをご紹介しました。まずはトライしてみて、続けたりアレンジをしたりと美容と健康を楽しむひとつのきっかけになればうれしいです。
(水島尚美)
1

この記事を書いたライター

水島尚美
イラストレーター。上品でかわいいをモットーとした女性イラストで、ウェブメディア・書籍・広告など他各媒体で活躍中。キラキラかわいくなれる「アイドル似顔絵」も人気。心と体に良いものが好きです。

関連記事