いろんな料理に使える! 美人化にはスパイスを活用せよ♡

スパイスと漢方薬は、実はほぼ同じもの。カレーを食べると元気が出ますが、それば多種の漢方がバランスよくブレンドされたお料理であるためです。
そこで美容と健康のためには、日頃からスパイスをふんだんに使った食生活を心がけるのが早道ですが、いかんせん日本で生活しながらスパイスを常に取り続けるのも難しいでしょう。大変に風味豊かな日本のスパイスである七味唐辛子やさんしょうにしても、使われるものといえば麺類やきんぴら、うなぎといったものくらいだからです。

目次

パプリカの美肌パワーは、美容先進国ハンガリーのお墨付き!


そこでスパイスをもっと日常の食生活にとり入れるためには、「ふりかけるだけ」でよいものを常備するのがおすすめです。

たとえばシナモンは、使いやすいスパイスのひとつです。これは漢方薬でいうところの「桂枝」。朝のコーヒーや紅茶にひとふりすればあっという間に冷えをとる、薬効ある飲み物に変身します。そしてシナモンとともにおすすめしたいのがパプリカというスパイス。唐辛子の仲間ですが、辛味はなく、ほんのりした甘味を持つもので、ハンガリー料理に大変よく使われるものです。

実はハンガリーという国は大変な美容先進国で、なんとエステティシャンは国家資格となっているほど。皮膚科のドクターと同等なほどの権威があるそう! 国民の美容意識はとっても高いのです。

そんなハンガリーの美女たちがそろって愛好しているスパイスがパプリカなのです。

気楽に何にでもふりかければ、日常のメニューがすべて“美人養成食”に変身!


そのパプリカの栄養面ですが、まずはビタミンCの宝庫であること。
そしてビタミンA、B群、Pのほかにビオチン、鉄をはじめとするミネラルが大変豊富に含まれていて、まさにマルチビタミン&ミネラルのサプリも裸足で逃げ出すパワーがあります。
さらには前述の通り、唐辛子の仲間なので脂肪燃焼や代謝促進を助けるカプサイシンもしっかりとれます。

いわゆるレッドペッパー、カイエンヌペッパーなどの辛いスパイスが苦手な方でもパプリカなら安心してとれるのもいいところです。

とにかく「魔法の粉」的感覚で、何にでもふりかけて召し上がってみてください。特に味を邪魔することもありませんし、トマト風味のもの、洋風の卵料理、ポテトサラダなどのマヨネーズを使ったものとは相性抜群です。

また、フレンチドレッシングにパプリカを加えるのもおすすめです。サラダはもちろん、マリネやカルパッチョなど、とっても手軽においしくいただけます。

ほんのひとさじで、日々のお料理が「美人養成食」に変わるのはうれしいものですね。
パプリカならば、賞味期限を過ぎてしまって使えないということもありません。

(ユウコ)
参考:column latte 「ハンガリー料理は唐辛子「パプリカ」で出来ている! 赤いピーマンの効能・歴史・食文化とは」
   Mami`s selection Truth Japan
1

この記事を書いたライター

ユウコ
専修大学商学部卒。サプリ、漢方、薬膳ライター。 「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまでに5冊もの著書を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて様々なメディアで執筆中。

関連記事