恋も消え去るおブスな歩き方にならないためのポイント3つ

梅雨が明ければ足を魅せる季節がやってきますね!

ミニスカートにショートパンツなどの太ももを大胆に見せる服装だけでなく、膝の隠れるロングスカートやパンツスタイルでも、美脚シルエットは欠かせません。

特に、ハイヒールを履いた時のシルエットは大切です。歩き方一つで美しくも見え、おブスにも見えてしまうからです。普段からハイヒールを履き慣れていない女子が、デートや合コンのイベントの時にだけ気合を入れてハイヒールを履いても、上手く歩くのは難しいですよね。

そこで、ハイヒールを履いて歩く時に、ついつい無意識にやってしまいがちなおブスな歩き方をご紹介します。普段からハイヒールを履き慣れている方も、今一度チェックしてみてください!

目次

階段を降りる時“がに股”!


よく駅で目撃するのが、コレ。特に急いでいる時、階段を降りる時“がに股”になっている女子が多数目撃されます。ペタンコ靴やスニーカーを履いていれば問題なくても、ハイヒールで階段を降りる時はキケンです。しっかりと手すりを持って、がに股にならないように気をつけましょう。

デートの待ち合わせで、彼が階段の下で待っているなんていうシチュエーションは、ハイヒールを履き慣れていない女子にはオススメできません。地上で待機しましょう!

膝が曲がってゴキブリみたい!?


ハイヒールを履いた時のシルエットで、特に影響が出てしまうのが「膝」です。

美しいハイヒールを履いていても、膝が曲がったままゴキブリが歩いているように見えてしまったらショックですよね……。気をつけるべきポイントは、歩くときの重心移動です。膝をピンと伸ばして、重心移動をするよう意識して歩くと、綺麗に見えます。

ベタ足でガサツな印象に!


まるでスタンプでも押すように、足裏を全部同時にぺたぺたと踏み込む歩き方にも気をつけてください。シルエットが美しくないばかりでなく、足の音も大きくなってしまうので、うるさくてガサツな印象を与えてしまいやすいのでキケンです。

ハイヒールで美しいシルエットを魅せるには、エレガントな歩き方を日ごろから練習する必要があります。

重心移動、膝を曲げないこと、音をなるべく立てないこと。
これらの三つに気をつけて、大切なデートまでに練習して美しいシルエットをマスターしてくださいね。
(おーさか ちさ)
1

この記事を書いたライター

おーさかちさと
ライター。恋愛、美容、グルメジャンルを中心に執筆。ベリーダンサー講師、ベリーダンサーMishMish(みしゅみしゅ)としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている。

関連記事