だらしないくらいがたまらない? 男子が大好きな“女子のズボラボディ”4選

だらしないくらいがたまらない? 男子が大好きな“女子のズボラボディ”4選の1枚目の画像

深夜の1時に帰宅して、2時間半身浴をして、ムダ毛を処理して、お風呂あがりにはフェイシャルマッサージをして、気がついたら朝の5時で、今日もまた睡眠不足……なんてことは、もうおしまいにしてもいいかもしれません。

今回は、男子が大好きな女子のズボラボディに迫ります。あそこもここも、もう全部手抜きで、ズボラボディを目指してみてはいかがでしょうか。

さっそくご紹介しましょう!

目次

1.むっちりしたお尻


「太ももやお尻のセルライト? 肉割れ? そんなの、ぼくは全然気にしていません。とにかく女子高生みたいにむっちりしているお尻が大好きなんです」(24歳・教材販売)

男性雑誌のグラビアには、ワンサイズ小さめのビキニを着せている、むっちりお尻のショットがほぼ必ずといっていいほど掲載されています。なるほど、そういうのが好きな男子が多いということなのだろうと思います。

2.もっさりとしたヘア


「IラインとかVラインのヘアが、ぼくは大好きです。デートの前に何時間もかけて痛い思いをしつつ除毛・脱毛してほしくないです」(28歳・通信)

その昔は「ヘアヌード写真集」なる言葉が大流行していました。かわいい女子は、どんなヘアをお持ちなのか? 見たかった男子がいっぱいいたのでしょう。

今でもヘアを見たい男子は、たくさんいると思うのですが……。

3.プルプルの二の腕


「ぼくは彼女のプルプルの二の腕が大好きです。それこそが女子らしい! と思っています。だから二の腕をほっそりさせるためにマッサージをしたりダイエットをしたりしてほしくないのです」(32歳・広告)

おそらく多くの女子が、自分のプルプルの二の腕が嫌いかと思いますが、それこそを「女子らしい」と見ている男子もいるということでしょう。

4.向こうの景色が見えない太もも


「両方の脚というか太ももをぴったりとくっつけたとき、向こうの景色が見えないほどむっちりしているというのが好きです。高校生のときつきあっていた彼女がむっちりしていたので、その幻想をぼくがまだ追いかけているのかもしれません」(23歳・IT)

ある種の男子にとって「最初の淫靡な体験」って、わりとずっと覚えているものなのでしょうか。

いかがでしたか?
これから夏に向けて、ダイエットに励む女子が増えるかと思います。お金にものを言わせてダイエットに励むのもいいことかと思いますが、男子の中には、ダイエットをしていない、そのままの自然児のようなかっこうを好む人もいるみたいです。

あなたがつきあいたいと思っている男子は、自然児みたいな女子のカラダが好きなのか? それともバリバリにダイエットされたカラダが好きなのか?
さてどちらでしょうか!?
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作家/コラムニスト/作詞家。キルケゴール哲学をベースに、なんとなく淋しい人に向けた希望論&恋愛論『自分を愛する方法』を上梓。全国の書店等で発売中。『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの男って実は』(Grapps)など連載多数。日本自殺予防学会会員。キルケゴール協会会員。

関連記事