日焼け後3日間のケアが肝心! 日焼けしてしまったあとの対処法4選

こんにちは。池田沙代です!

紫外線の強いこの季節。うっかり日焼けしてしまうことも多いですね。でも、うっかり日焼けは3日以内に手をうてば軽く済むか、なかったことのようにできるんです。メラニンは3日後くらいからでき始めるので諦めずにケアしましょう! 日焼けどめをしっかり塗っていても日焼けをしてしまった時も実践してみましょう!

目次 [開く]

シミの原因“メラニン”は3日後から生成される


日焼けして一番心配なのはシミですよね。意外と知られていないのですが、シミの原因物質である“メラニン”は紫外線にあたってから3日後くらいから生成されはじめます。何もケアしないでいるとメラニン色素は確実に生産されてしまうので、日焼けをしてしまったら諦めず、すぐケアに取り掛かりましょう!

日焼け後のケア 4選


1.まずは冷やす


日焼けは軽いやけどの状態と同じです。まずは冷やすこと! 流水で冷やすのが一番ですが、難しい場合は冷水を含ませたタオルや、コットンで肌を冷やしましょう。

2.とにかく保湿!


上にも書きましたが、日焼けはやけどと同じです。肌から大量の水分が奪われています。日焼け後の乾燥気味の肌には保湿性分の多い化粧水で保湿しましょう。コットンパックやマスクパックをを利用すれば、さらに保湿効果もアップします。
パック 『RRR SKIN  RRR MASK PACK』
パック 『RRR SKIN  RRR MASK PACK』

私は抗酸化力の高いフラーレンや皮膚再生力の高いグロスファクターが入っているパックを愛用しています。日焼けをした日には必ず化粧水でしっかり冷やした後、マスクパックをしましょう。

3.体の中からケア


日焼けしたときは、サプリメントも有効です。
美白成分、代謝を促す成分であるビタミンCやA、Eの入ったものや、夏野菜や熱帯地方原産の果物、ジュースなどもおすすめです。

日焼けが痛いからととシャワーで済ませないで、代謝をあげることも大切です。無理は禁物ですが、いつもよりもぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。お風呂で血行を良くすると、代謝もアップしますよ♪
体力の回復はお肌の修復にもとっても大切! こまめな休憩と睡眠をしっかりとりましょう。

4.飲む日焼けどめを取り入れる


飲む日焼け止め 『ヘリオケア ウルトラDカプセル』
飲む日焼け止め 『ヘリオケア ウルトラDカプセル』

飲む日焼け止めのメリットは、体の内側から日焼けを防止できるという点です。 汗で流れてしまい、効果が落ちてしまうという心配がないので、何度も塗り直す必要がなくなります。そして、塗りにくい箇所の紫外線もカットできるという優れもの! 日焼けによる赤みや皮膚のダメージの軽減、皮膚ガンのリスクを軽減する効果もあります。

飲むタイミングは、日光を浴びる30分前に服用すると良いとされているようです。一粒で約5~6時間の効果が持続します。長時間日光を浴びる場合は、4時間後に1カプセル追加で服用します。毎日のサプリメントとして服用する場合には、毎朝一粒飲むと良いでしょう。

日焼け後3日間のケアが肝心! 日焼けしてしまったあとの対処法4選の1枚目の画像

飲む日焼け止めは、美容クリニックや美容皮膚科などに行けば購入することも可能です。私は飲む日焼け止めで有名な”ヘリオケア”を取り入れてみましたが、最近では少しずつ日本製の商品も発売され始めています!

メラニンの仕組みとケア方法が分かっていれば、うっかり日焼けしちゃっても怖くありませんね。10年後、20年後のお肌に大きく影響する日焼け。できるだけ予防し、日焼け後もしっかりケアして夏を乗り切りましょう♡
(池田沙代)

関連記事

今、あなたにオススメ