全身プチプラでも安っぽく見えない一点投入ポイント

全身プチプラでも安っぽく見えない一点投入ポイントの1枚目の画像

プチプラ……プチ・プライスを意味する造語です。時代はいま、空前のプチプラブーム! といっても過言ではないでしょう。決して好景気とはいえないご時世ですもの、リーズナブルに“オンナ”を楽しみたいものですよね。

とはいえ、全身プチプラはいかがなものかと筆者は思うのです。全身をブランド品で固める必要はないですが、一カ所だけでも「この部分にはそれなりにお金をかけています!」という部分があるだけでそれが自信となり、男性とのコミュニケーションにおいてもプラスとなります。

では、どの部分をバージョンアップさせたら良いのでしょうか?

目次 [開く]

コスメが大好きな女性は“下地”だけバージョンアップ


メイクが大好きで、こだわりを持つ女性には、「下地」のバージョンアップをオススメします。化粧水や乳液などの基礎化粧品などは、これまで通りのプチプラで十分です。アイシャドウや口紅など、お顔を華やかに彩るアイテム類もしかり。バージョンアップは下地だけ。これなら、月々の美容代の範囲内で何とかできそうでしょ!?

下地を重要視する理由ですが、なんといっても“化粧ノリ”が全然違ってくるから!
20代前半でまだ化粧を覚えたての頃に、仲間内で一人飛び抜けて化粧の上手な子がおりまして、朝から晩まで化粧直しせずともほとんど崩れないんですよ! そのひけつを尋ねたところ、「下地だけは良いものを使っている」とのことでした。もちろん、値段が高い=良いとは限りませんが、自分にとって運命の下地を探すべく、試しにフンパツしてみるのも一興ですよ。

アクセサリーが大好きな女性は“ネックレス”だけバージョンアップ


ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリー類にこだわりを持つ女性もいるでしょう。その全てをバージョンアップさせると、とんでもない金額になってしまいます。どこか一点だけ、清水の舞台から飛び降りるつもりでお金をかけるなら「ネックレス」がオススメです。

なぜなら、ネックレスは対面で話しているときに一番目に入りやすい部分で輝くから。また、ちょっとスピリチュアル的な話になってしまいますが、“オンナの幸せは鎖骨から入ってくる”という説があります。鎖骨のあたりに、目印としてネックレスを輝かせることで、女性としての運気UPも図っちゃいましょう!

こないだ電車に乗っていた際、筆者の前に一人の女性が立ちました。彼女はトップスもボトムスも明らかにファストファッションでした。けれども胸に輝くネックレスだけは大粒のダイヤモンドでした。すごくステキだなぁと、感心させられたものです。大粒のダイヤとまでいかなくとも、夏のボーナスでちょっと背伸びした、上質なジュエリーをゲットしてはいかがでしょうか。

ボトムスはラクが一番! 派の女性は“靴”だけバージョンアップ


「スカートよりもパンツが気楽」と思う人もいるでしょう。ごもっともです。パンツには動きやすい、蚊に刺されにくい、脚を隠せるなど、さまざまなメリットがてんこ盛り! そりゃ一般的には「男性は、女性らしさの象徴であるスカートを好む」といわれていますが、男性目線を気にし過ぎる必要はないでしょう。

そのぶん、靴で女性らしさを演出したいものですね。やはり、カカトの高いヒールで勝負しましょう。スカートは女性らしさの象徴と書きましたが、カカトの高いヒールもまた、女性特有の魅力を引き出してくれます。スニーカーやぺったんこサンダルに比べて、カカトの高いヒールは歩きづらいイメージかもしれませんね。筆者も、かつてはそう思っていました。

安価なヒールは、確かに歩きづらいものがほとんどです。ですが、それなりのお値段をかけたヒールは、ヒールとは思えないくらい歩きやすいもの。靴は、履く人をステキな場所へと連れていってくれるアイテムです。上質なヒールを履くことで、ステキな場へのお誘いが増える可能性大ですよ!!

下地orネックレスorヒール……どれか一つで十分だと思います。ワンランク上のアイテムを取り入れることで、意識がガラリと変わりますよ。ぜひお試しくださいね。
(菊池美佳子)

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ