プゥン…と気になる女子の不快なニオイ3選 夏は特に気をつけたい! 

プゥン…と気になる女子の不快なニオイ3選 夏は特に気をつけたい! の1枚目の画像

冬の間は潜んでいる悪臭たちも、夏の陽気な空気とともに顔を出してしまうもの。人の多い電車や街の中。臭いのはオジサンだけ?
いいえ、若くてかわいい女の子でも臭っています。自分のニオイは気づきにくいですが、残念ながら夏になるとプゥンといろんなニオイが……。
寒い季節だと問題なくても、汗をかきやすい今からの季節は気になるニオイがたくさん出てきますよね。そんな悪臭たちには、事前の対策をしてできるだけ防ぎましょう!

目次

1.キツすぎる香水や制汗剤のニオイ


どんなに周りの人をうっとりさせるようなステキな香水でも、周りの人を不快にさせるくらいキツイ匂いだったりつけすぎたりするのはNG!
特に、夏は汗のニオイと香水が混じってなんとも言えない悲惨な香りになってしまう危険性があります。中には「そんなニオイが好きだ」という男性も少なからずいるとは思いますが、香水はほのかに香るくらいにしましょう。
また、脇のニオイが気になって制汗剤を使う女子も多いと思いますが、こちらもスプレーなどをかけすぎると、時間が少したってから悪臭となってしまう場合もあります。何ごともほどほどにしましょう。
香水と制汗剤の併用をするなど、いろんなニオイを混ぜるのも悪臭のもとなので、香水をつけるなら制汗剤は無臭のものを選ぶなどして対応するといいですね。

2.汗のニオイ


夏には防ぎようのない汗のニオイや体臭も厄介ですよね。こまめにハンカチで汗をおさえたり拭いたりして、汗を吸収しやすい素材のインナーを選ぶなどして最小限に留めましょう。ガーゼ素材のハンカチは速乾性が高いのでオススメです。

また、足の裏の汗も厄介なもの。ストッキングにパンプスというキツイ悪臭が発生してしまう組み合わせに、頭を悩ませている女子も多いのではないでしょうか? 一日会社で働いた後、飲み会の席で靴を脱がなきゃ……なんてことになると、思わず悲鳴を上げたくなりますよね!?
替えのストッキングを持っておいて、飲み会の前に履き替えるだけでも大分ニオイはおさえられます。

3.頭皮のニオイ


帽子を脱いだあとにプゥンと漂う頭皮の香り……。頻繁に被る帽子だと、自分では気づかないうちに臭くなっているものです。定期的に消臭剤をかけて天日干しをし、帽子自体にニオイがつかないように気をつけましょう。
冬は気にならなかったのに、夏になると頭皮のニオイが気になるという場合は、シャンプーだけでもノンシリコンタイプに替えて頭皮を念入りに洗うようにすると改善されます。

悪臭をニオイでカバーするよりも最小限に防ぐ努力を!


夏はいろんなニオイとの闘いですが、ニオイを気にすることなく夏を楽しみたいですよね。悪臭を新たなニオイで消そうとするよりも、ニオイの元を最小限に抑えるような工夫をするのがオススメです。ニオイ対策の事前準備とガーゼハンカチで、夏を思いっきり楽しみましょう!
(おーさか ちさ)
1

この記事を書いたライター

おーさかちさと
ライター。恋愛、美容、グルメジャンルを中心に執筆。ベリーダンサー講師、ベリーダンサーMishMish(みしゅみしゅ)としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている。

関連記事