洗濯物の嫌なニオイを解消できちゃう簡単なコツを伝授♡

洗濯物の嫌なニオイを解消できちゃう簡単なコツを伝授♡の1枚目の画像

7月ももう下旬。梅雨明けした地域もありますが、真夏のような猛暑日の合間にまだまだ雨の日もありますね。
気温が上がってきて湿度も高くなる今の時期は、家の中にも湿気がたまりやすくむしむししていて生活しにくいシーズン。特に雨の日は洗濯物も乾きにくいし、部屋干しすると嫌なニオイもしてしまったりして困っているという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな日々とはさよなら! 雨の日の“洗濯悩み”から解消する方法をご紹介します!

目次 [開く]

1.こまめな洗濯を心がける


まとめて干すと服が密集してしまい乾きづらくなってしまうため、できるだけ毎日こまめに洗濯するように心がけてください。「めんどうだから、たまってから干そう~」はNG。洗濯スペースを広く使って少量を干せば、空気の通りもよくなり部屋干し特有の嫌なニオイや生乾きを防いでくれますよ。

2.衣類乾燥除湿機を活用



乾燥させたいからといって扇風機を使うのではなく、効率よく乾かすには衣類乾燥除湿機を使うのがおすすめ。空気を循環させることに特化した除湿機を使えば、じめっとした空気をよくしてくれるだけではなく洗濯物の乾燥にも一役かってくれます。一部屋に除湿機を置いたら、そのお部屋は閉め切ってしまい洗濯干場にするのもおすすめです。

ちなみにクローゼットの中に入れられる除湿機や、洗濯物の除菌や嫌なニオイをおさえる効果があるナノイーがついている除湿機もあります。

3.いつもよりもプラスアルファの手間を加える


乾かしやすい方法をご紹介しましたが、とはいえ限界が……そんな時はいつもの洗濯コースにプラスアルファもう一手間を加えてあげましょう。
通常の洗濯コースが終わった後で、脱水をもう一度行う、乾燥をかける、室内干しコースを選択するなどです。洋服の素材によっては厳しいかもしれませんが、問題なければぜひ試してみてください。

4.洗濯物の干し方を一工夫


乾くスピードが速いといわれるアーチ干し(※1)や、ずらし干し(※2)で風を通りやすくし、さらにすべての洋服を裏返しに干してみてください! 洋服の縫い目やポケット部分は生地が重なりあって乾きにくくなります。洋服を裏返すことで、それを防いでくれる役割があります。また、室内干しだけではなく、外に干す際もこのかけ方はおすすめ。夏の強い日差しで洋服が日焼けするのを防止してくれます。
(※1 アーチ干しとは、外側に長い衣類、内側に向かって短い衣類を干すこと)
(※2 ずらし干しとは、裾を揃えずに干すこと。特に大きい物を干す時にはおすすめ)

洗濯物の嫌なニオイを解消できちゃう簡単なコツを伝授♡の2枚目の画像

いかがでしたでしょうか?
4つの方法を1つでも取り入れたら、洗濯を干すのも取り込むのも楽しくなるかもしれないですね。いい香りに包まれて幸せな気分にもなれちゃいますよ♡
梅雨時期だけでなく一年中使える方法でもあるので、ぜひお試しください!
(岩根沙恵子)

この記事を書いたライター

岩根沙恵子
管理栄養士・モデルの「さえみる」です。人生一度きり!  幸せな毎日が送れるように、プラスな情報を発信していけたらと思います。みなさんで綺麗でかわいくなりましょう♪

関連記事