じつは男子が待ち望んでいる“女子からのひと言”

じつは男子が待ち望んでいる“女子からのひと言”の1枚目の画像

気になる男子に声をかけるのが苦手な女子は、きっと声をかけて「NO」と言われるのが怖いのだろうと思います。しかし、相手が待ち望んでいる言葉を知っていれば「NO」と言われるリスクが減って、サクサクと男子に声をかけることができるのではないでしょうか。

今回は、じつは男子が待ち望んでいる「女子からのひと言」に迫ります。さっそく見ていきましょう!

目次 [開く]

1.“彼氏、いないんですぅ~”


「男って、気になっている女子が彼氏ありなのか、なしなのか、そこがすごく気になるんです。だから彼氏がいないとハッキリ言ってもらえると、心を開きやすいんです」(27歳・通信)

ちなみに、遊び人の間では、「彼氏がいる、いないを確認した上で口説く」というのは女々しくて「ルールに反する」んだそうです。相手がどういう状況であれ、好きなものは好きと素直に言うというのが「かっこいい」ことなんだそうです。さすが肉食系男女はちがうな……というか、それでホントにええんか? というか……。

2.“終電を逃しても大丈夫です”“朝までOKだよ”


「エッチしよっ! というのを、遠まわしに言われたら、やっぱりうれしいです。男ってどのタイミングで『エッチしよっ!』と誘えばいいのか、すごく困っているんですよねえ」(28歳・IT)

お互いに「なんとなく気がある」というのがわかれば、きっと多くの男子は「いつエッチに誘えばいいんだろう」というのをモンモンと考えているはずです。エッチ抜きで純粋に異性と交際をしたいのであれば、話は別でしょうけど……。

3.“わたしが養ってあげる!”


「ぼくのお給料では、デートはおろか結婚なんてできないので、女子が『わたしが養ってあげるから』と言ってくれたら、ソッコーでつきあいたい人、何人かいます」(25歳・介護)

若い男子は草食系を超えて絶食系か? なんてことがときどきメディアで言われますが、男子の絶対的な傾向って「基本、したい」生き物だというものです。「したい」というか、「ホントは彼女がほしい」というか……。でも「できない」というのは、多くの場合きっとお給料が安いからでしょう。それなりのお金を男に持たせたらどうなるのか? を想像したら誰でもわかるでしょう。

4.“今から遊びに行ってもいい?”


「友だち以上恋人未満の女子がいます。毎晩、彼女から『今から遊びに行ってもいい?』というLINEを待っているのですが、来ないです」(25歳・教材販売)

まぁ、ふつうは待っていても来ないですよね。

いかがでしたか?
この子、おれに気があるのかも……というようなことって、恋愛に鈍い男子であってもわりと直感で気がついているものです。
奥手女子のみなさんは、せめて「わたし、彼氏がいないんですぅ」くらいのことは言ってみてはいかがでしょうか?

それすら言う勇気がないというのであれば、どうすればいいんでしょうかね? ま、そういう勇気がないまま歳を重ねたとしても、いつかはステキなパートナーに恵まれて結婚し、子どもができている……こういう事例もたくさんありますから、勇気がないのであればないでもよいでしょう。

勇気があったほうが恋愛は楽しいものですが、勇気がない女子もいるから、恋愛市場はいつもにぎやかなんでしょう。つまり、多様性ってこういうことなのだろうと思います。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ