初心者から上級者まで、今すぐ“小顔”を手に入れるメイクテクニック

初心者から上級者まで、今すぐ“小顔”を手に入れるメイクテクニックの1枚目の画像

女性みんなが憧れる「小顔」を簡単に、そして手っ取り早く手に入れるには、やっぱりメイクが一番です! 
そこで今回は、メイク初心者さんから、普段慣れている上級者さんまで「小顔メイクテクニック」をご紹介。いますぐ試して「あれ、小顔になった?」って言われちゃいましょう!

目次 [開く]

初級編:小顔に見せたければ下地の位置を変えてみて!


小顔をつくるには、明るい部分の“光”と暗い部分の“影”を作り出すことが何より大事! そしてその陰影を簡単に、手軽に作る鍵は「下地」です。メイク初心者さんは、まず肌トーンを明るくし、透明感を演出する下地を用意しましょう。特にパール入りのものがおすすめです。

そして決め手は下地を塗る位置! 顔全体に塗るのではなく、おでこの中央からこめかみ、あごのくぼみまでを囲んだ顔の中心のみに塗っていきます。すると髪の生え際やこめかみの外側、頬の外側やエラ部分に影ができて、自然にハイライト&シェーデイング効果が! その上からファンデーションを薄く全体に重ね、パウダーを部分的にオン。さらにハイライトをおでこや目の下、鼻筋、あごに入れて、光を強調させれば完成です。

中級編:ファンデーションの2色使いで小顔をゲット


自然に見せたいけど、きっちりハイライトとコントロールカラーで陰影をつけたい人には、ファンデーションの2色使いがオススメです。
まず、ベースはまっさらな状態にしたいので、コントロールカラーを使います。くすみにはイエロー、黄ぐすみや透明感のアップには青やラベンダー、血色が欲しい時はピンク、赤みには緑、クマにはオレンジとそれぞれ悩み別によって色を使い分けましょう。

ベースを均一にしたら、いよいよファンデーション。まず自身の肌トーンにあったカラーをおでこの中央からこめかみ、あごのくぼみまでを囲んだ顔の中心のみに塗っていきます。そして残りの髪の生え際やこめかみの外側、頬の外側やエラ部分には、ワントーン暗いファンデーションを塗っていくだけ! 重なる部分はスポンジなどでトントンと軽くたたいて、キレイになじませていきましょう。

上級編:明るめコンシーラーとシェーディングでさらに小顔を手に入れよう


ガッツリ陰影をつけたいという上級者は、明るめのコンシーラーとスティック状のシェーディング使いましょう! ベース&パーツメイクを仕上げたら、リキッド、もしくはペンシルのコンシーラーでおでこ、目の周り、目の下、鼻筋、唇の周りをなぞっていきます。その後、スティック状のシェーディングを髪の生え際、こめかみの下からエラ部分にガッツリ入れます。そして指やスポンジを使って、それぞれ丁寧になじませていくだけ! 最後に透明のお粉を全体に薄く重ねれば完成です。

洗練された雰囲気を作るのにもピッタリの小顔メイク。今年の夏は、簡単にメリハリ立体感ができるメイクテクニックを駆使して、憧れの小顔を素早く手に入れちゃいましょう!
(ピーリング麻里子)

この記事を書いたライター

ピーリング麻里子
女性誌の編集者を経験後、渡米。現在フィラデルフィア在住。セレブ情報、美容をメインにウェブ媒体、女性誌、ラジオなどにて情報を発信中。 事情など多岐に渡る

関連記事

今、あなたにオススメ