ガウチョパンツは見飽きてる? あえての“スリムパンツ”で男性視線をゲット♡

ガウチョパンツは見飽きてる? あえての“スリムパンツ”で男性視線をゲット♡の1枚目の画像

はやりに敏感であることは、恋する女性としてとても大切なことです。はやりものは、ファッションであろうとコスメであろうとスイーツであろうと、いまの時代を反映するアイテム。いまを生きる現代人が求めているものが、流行に表れます。

その一方で、流行に左右されない姿勢もまた一つの手法です。

目次

見かけないことはない 時代は“ガウチョ&スカンツ”ブーム


街を歩いていると、「こんなにもガウチョパンツがはやっているとは!」と再認識させられます。ガウチョに続いて、最近ではスカンツも人気ですよね。すれ違う女性の8割以上が、ガウチョもしくはスカンツファッションといっても過言ではないくらい!

そんな中、信号待ちをしている向こう側に、ごく普通のスリムパンツをはいている女性が視界に飛び込んできました。20代後半~30代前半くらいの彼女は、取り立てて美人というわけではなかったのですが、ものすごく魅力的に感じられたのです。これぞ、区別化によるワザなのでしょう。
ほとんどの女性がガウチョorスカンツを着用している中、スリムパンツは明らかに目立ちます。同性の筆者が、これだけ視線を奪われているのですから、男性目線にはもっと印象的であることは間違いないでしょう。

ガウチョ&スカンツは着心地抜群で体型カバーもできる


筆者は決して、ガウチョやスカンツの流行を否定しているわけではありません。むしろ、ガウチョもスカンツも着心地サイコーと思っています。とにかくラクチンなんですよね。ゆったりしているので、暑い中無理してジーンズをはくよりも、よっぽど快適です。

また、脚が太い筆者にとっては、体型を隠すことができるという意味でもありがたいアイテム! ガウチョ&スカンツブームが永遠に続いてほしいくらいです。

はやり始めの頃はカジュアルなデザインが多かったように感じますが、最近ではエレガントなデザインのガウチョ&スカンツがたくさん出回っています。これだけのメリットがあるのですから、そりゃ流行って当然ですよね。

男性はガウチョ&スカンツを見飽きている!?


はやり物には、人気を博すれっきとした理由があるのだなぁと再認識しました。それを踏まえたうえで、あえて流行に左右されない姿勢はいかがでしょう?

正直なところ、世の男性たちはガウチョもスカンツも見飽きていると思うんですよね。通勤電車の中だったり、出勤前に立ち寄るカフェだったり、職場の女性社員の私服だったり……恋愛感情の有無に関わらず、「最近の女性=ガウチョorスカンツ」というイメージが焼き付いているのではないでしょうか。

そこに、デートの待ち合わせor合コン会場にあなたがガウチョもしくはスカンツで現れたら……ガッカリすることはないでしょうけど、「ああ、やっぱり」と思うでしょう。逆に、スリムパンツで現れたら……新鮮に感じるでしょうね。「新鮮さ」は、男女の仲を深める格好のスパイスです。

ガウチョ&スカンツは女性同士の集まり向けにして、デートや合コンなど男性と接点を持つ際は、スリムパンツなど、あえて流行に左右されないファッションもアリだと思ったのでした。
(菊池美佳子)
1

この記事を書いたライター

菊池美佳子
コラムニスト。1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストとして活躍中。

関連記事