ほうれい線を薄くする効果的な方法 1日3回“舌回し運動”を♡

ほうれい線を薄くする効果的な方法 1日3回“舌回し運動”を♡の1枚目の画像

ほうれい線が出てくると、ぐっと老け込んだ印象になりますよね。
今回は同窓会やデートの3日前から気軽にトライできる「ほうれい線の消し方」をご紹介したいと思います。3日で効果を感じられるので、日常的にするのはもちろん、ここぞの場面で若々しさをアップするための緊急用としてもオススメの運動です。

目次 [開く]

1日3回の“舌回し運動”でほうれいせんを消そう!


用意するものはありません!!

まず、口を閉じた状態で歯茎をなぞるように“下唇の裏側”から“ほうれい線のある部分の裏側”、“上唇の裏側”あたりを、舌でグルっと一周させます。歯茎の間に舌を入れるイメージです。右周り、左周り、各20回ずつを1日3回。それだけです。

通勤中や仕事中にもできるのですが、ちょっぴり周りの視線が気になるのでマスクを使うと安心です。あまり早く回してしまうと舌の根本が痛くなってしまうので、最初はゆっくり試すといいですよ! 慣れるまでは目も一緒に動いてしまって不審者感もなかなかのものですが、目を閉じるとしっかり集中できるかも。

舌回し運動で小顔効果も期待


この運動を試した人の多くが、3日でほうれい線が薄くなったように感じる! と効果を実感しているだけでなく、小顔効果も期待できそう! とも言っています。
右左20回ずつ×3回というのは、やってみると最初はなかなかしんどいですが、慣れてくると気軽にできるので日常的にクセにしてしまうのもいいかもしれませんね。無意識のうちにやっていると見ている方は怖いので、他人の視線には気をつけましょう……。

蜂蜜をなめて、ついでに口臭予防も!


蜂蜜が手元にあれば、なめながら舌運動をしてみましょう。蜂蜜が持つ強い殺菌作用によって、口内のばい菌が殺菌され歯磨き効果も期待できます。

ほうれい線があるだけで老けて見えるのは事実


Snap chatなどのお絵描き機能がついている写真アプリをダウンロードしている方は、セルフィーにほうれい線を落書きしてみてください。こんなに印象が違うの? というほど、老けて見えます。
ほうれい線と戦うことを諦めないで、まずは薄くするところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

とても簡単なのでぜひ今日から始めてみてくださいね。
(小原緋紗子)

この記事を書いたライター

小原緋紗子
神戸出身のフリーライター。興味が湧けば、とことん追求するタイプ。 食を愛する気持ちが人一倍強いので、美味しいものを食べているときが一番幸せ。

関連記事

今、あなたにオススメ