片思い中は魅力的だったけど 付き合ってみて後悔した彼の性格

「浮気症」「酒癖が悪い」「ギャンブラー」「暴力をふるう」などの側面を持つ男性とのお付き合いはもはや論外だと思いますが、中には「彼の素敵だなと思っていた一面が、付き合ってみたら意外と受け入れられなかった」ということもありますよね。
でもそれって一体どんなことなのでしょうか? 女性にリサーチしてみました。

片思い中は魅力的だったけど 付き合ってみて後悔した彼の性格の1枚目の画像


目次 [開く]

1.ケチすぎる


・「元カレは浪費が激しいタイプだったので、お金にきっちりしている彼がすごくしっかりしているように見えたんです。『この人だったら無駄遣いもしないし、もしかしたら結婚まで考えられるかも』と思い、お付き合いをすることに。でも彼は『お金がもったいないから』とどこにもデートに連れて行ってくれない超ケチ男だった。『私がお金出すから!』と言っても『その金もっと他のところに使ったほうが有意義だと思うよ』とか言ってきたりして……。ケチすぎて無理でしたね。すぐに別れました」(30代/サービス業)

お付き合いをする上で浪費家も辛いですが、ケチすぎる男性も考えもの。それこそメイクやファッションにお金をかけていたら「なんでそんなに無駄遣いするの?」と言われかねません。使う時は使うし、節約するときは財布の紐を絞めるというほどほどの金銭感覚をもった彼が一番かもしれません。

2.きれい好きすぎる


・「いつも清潔で、ビシッとした身なりをしていた彼。周りからも『○○ちゃんの彼氏っていつもちゃんとした格好してるよね』『だらしないうちの彼とは大違いだわ』なんて言われていました。私も『彼と結婚したら、きっと家事とか手伝ってくれるんだろうな』と妄想したりしていて……。でもある日彼の家に行ったとき、彼がビックリするほどのきれい好きということが発覚。部屋にほこりは一つも落ちていないし、リモコン類は全て等間隔に並べられていた。洗濯物はもちろん彼こだわりのたたみ方でびっちり収納。どちらかというとズボラな私は、『これは結婚したら大変なことになるな……』と思ってしまいました」(20代/保険)

清潔感があり常に隙がないタイプの男性は、たまにデートする分には自慢の彼になるでしょう。でも毎日を共に過ごすとなると、女性のほうが窮屈な思いをしてしまうかも。このようなきれい好きの男性は「完璧主義」である場合が多いので、彼のルールに従わないと怒らせてしまう場合もあります。お付き合いの段階で、彼がどの程度のきれい好きなのかリサーチしておきましょう。

3.女性に幻想を抱きすぎている


・「彼は理系で今まで女子と接することがあまりなかったらしく、彼女がいたことがなかったらしい。だからか変にスレてなくて、自分の価値観を押し付けてくることもなかった。顔もそんなに悪くないし、頭もメチャクチャ良い。『こんな素敵な人なのに、彼女がいなかったなんて考えられない!』『付き合えてラッキー!』なんて思っていたのですが、彼は女を良く知らない分、幻想を抱きすぎていたんです。たとえば『女性は家で毎日料理を作っているはずだ』とか『女性はムダ毛なんて一本も生えていないはずだ』とか……。疲れている日はコンビニ弁当で済ますし、ムダ毛が生えている日だってありますよね。彼の想像している女性があまりにも私とかけ離れていたので、すぐに別れてしまいました」(20代/デザイン関係)

今まで異性と接する機会があまりなかった男性ほど「女子はこうあるべきだ!」「女性はこんな下品なことしないはずだ」という固定観念が定まっているのかも。彼女のほうから彼の幻想を少しずつ解いていければ良いですが、中には「彼の理想通りの女性で居たい」「彼に幻滅されたくない……」と自分を偽ってしまう女性もいるはず。そうなってくるとやはり長期のお付き合いは難しいですよね。

このように付き合う前は素敵だなと思っていた彼の性格が、だんだんと受け入れられなくなってしまうこともあるようです。
良いと思っていたことが別れの引き金になるなんて……。やっぱり恋って難しいものですね。
(和)

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ