お気に入りのブラジャーは型崩れを防ぐ手洗いがオススメ

お気に入りのブラジャーは型崩れを防ぐ手洗いがオススメの1枚目の画像

女の武器でもある「ブラジャー」。あなたは正しい方法で洗えていますか?
すぐにワイヤーが曲がってしまったり、肩ひもがよれよれになってしまう方は、正しい洗い方ができていません! きちんとした洗い方や干し方をすれば、ブラジャーも長持ちしますよ! ぜひ参考にしてください!

目次 [開く]

基本は“手洗い”がおすすめ ブラジャーの洗い方のコツ


1.型くずれの原因になるので、きちんとブラホックをかけます
2.取りはずしができるパッドは、洗剤が残りやすいので、いったん外して別洗いをします
3.大きめの容器に洗剤をよく溶かし、やさしく押し洗いをします
4.洗剤が残ってしまうと黄ばみや色落ちの原因になるので、しっかりとすすぎましょう
5.乾いたタオルでやさしく押さえ、水分を取ります。ねじったり、ごしごし拭くことはNGです!

またブラジャーの色によって、一緒に洗うと色移りすることがあります。必ず白いもの⇒淡い色のもの⇒濃い色のものの順で洗いましょう。

干す際の一工夫で形崩れが防げる!


干す前に大切なのが「型直し」です。湿っているうちにカップの中央に指を入れてカップを伸ばし、形を整えましょう。レースの縮みを防ぐという意味でもとても大切な作業です。

そして、干し方。風通しのよい日陰に干してください。伸びにくいカップの下2カ所を洗濯バサミではさんで干しましょう!

ブラジャーの収納にも気をつけよう


ブラジャーを収納する際には、ブラホックを止め、肩ひもはカップの中にいれます。最後にカップがつぶれないように、しまいましょう!

いかがでしたでしょうか?
いつもの洗濯物と別々で洗うのは面倒……という方は、お風呂に入る時に一緒に洗ってしまうのがおすすめです!
ちょっと手間をかければブラジャーの持ちもグンと良くなりますので、ぜひお試しあれ!
(momoko)

この記事を書いたライター

momoko
フリーライター。好きなものは、インコ、猫、お酒、料理、コーヒー、散歩、服、食べること、寝ること

関連記事