夏のスキンケアが秋のお肌を左右する 老け顔にならないための肌習慣とは?

こんにちは。池田沙代です。
メイクやスキンケアって、乾燥しがちな冬は気をつけていても、夏は手抜きなんてことはないですか?

夏の肌は、汗や皮脂が多くてとってもデリケート。メイクやスキンケアのやり方によっては肌を傷つけてしまうこともあるため、正しくケアを行うことが大切なんです♡ 
夏が終わったら「なんか老けた?」なんてことにならないために、今からできる気をつけるべき習慣をご紹介します!

目次 [開く]

1.日焼け止めを塗るときはたっぷり使う


夏のスキンケアが秋のお肌を左右する 老け顔にならないための肌習慣とは?の2枚目の画像

日焼け止めは、薄く伸ばしすぎるとムラができてうまく効果を発揮せず、紫外線を通してしまいます。手早く素早く、手でたたきこむようにスタンプ塗りをすることで、ムラがなくなり効果が高まります。

2.何度もメイク直しをすると肌の負担に


何度もメイク直しをしていると、その分お肌への摩擦も増えます。メイク直しをできるだけしなくても良いように、落ちにくいファンデーションをつけたり、長時間キープできるベースメイクの方法を取り入れましょう。

どうしてもメイク直しをしなければならないときは、きちんとティッシュオフをして、皮脂や汗を取り除いてから行ってください。そのままでは厚塗り顔になってしまいます。

また、メイクのスポンジやブラシなどメイク道具にも皮脂や汗がつくため、2日に1回は洗うようにしましょう。放っておくと雑菌だらけになってしまいます。

3.夏でも欠かさず保湿ケアをする


夏はさっぱり系の化粧水だけ……なんていう人も多いはず。
しかし、保湿成分が入っていない化粧水だけだと、むしろ肌の水分を奪って乾燥してしまうんだそう。乾燥してしまうと、肌を潤すために逆に皮脂が出てきて、余計にオイリー肌になることも……。
夏でも保湿重視の化粧水、乳液やクリームを使いましょう。

4.メイク落としは丁寧に優しく行う


メイクはきっちり落とすことが大事。しかし、ゴシゴシ洗って落としてしまうとむしろ肌を傷つけてしまいます。丁寧に、優しく洗いましょう。

5.内臓を温めてリンパの流れをよくする


暑いと食べ物もドリンクも冷たいものばかり選んでしまいがちですが、それでは内臓が冷えてしまいます。体の内側が冷えるとリンパの流れが悪くなり、老廃物がたまって痩せにくい体に……。
暑い時でも温かいものや常温のものを選ぶように意識しましょう!

夏のスキンケアが秋のお肌を左右する 老け顔にならないための肌習慣とは?の3枚目の画像

夏の終わりに「あれ? 老けた?」なんて言われないように、一度ご自分の生活習慣を見直してみては?
(池田沙代)

関連記事

今、あなたにオススメ