彼氏が別れたくなる彼女の言動 男の前で言っちゃいけないセリフとは

彼氏が別れたくなる彼女の言動 男の前で言っちゃいけないセリフとはの1枚目の画像

今回は、男子の恋心が冷める女子の何気ない言動について見ていこうと思います。
さっそくご紹介しましょう!

目次 [開く]

1.「このあと予定があるから……」


「彼女と一緒にごはんを食べ終えて、23時くらいになって、これからホテルにでも……と思っていたら、彼女が『今夜はこのあと予定があるから帰るね』と言いました。えっ! しかも23時からの予定って、それ、なに? 彼女に対する信用が失墜……別れたい……」(29歳・広告)

23時から女子会……23時からほかの男と密会……どうであれ、やっぱり親密に食事をしたあとはあの行為を……というのが、おそらく多くの男子がふつうに考えていることだろうと思います。そこの期待を裏切ってしまったら、意外と大きな代償を払わなくてはならないハメになったり、ならなかったり……。

2.「結婚しなくてもいいけど子どもは欲しい」


「年上の彼女に『結婚しなくてもいいけど子どもは欲しい』と言われました。ちょっと理解できないですぅ……恋心も冷めちゃいますぅ……だってぼくのことはどうでもよくて、子どもが欲しいってことを言っているわけでしょう?」(24歳・IT)

取材をしていて思うんですが、女子って結婚しなくてもいいから、とにかく子どもが欲しいと切実に思う時期があるのではないでしょうか。人によるのかもしれませんが、子ども「だけ」が欲しいという欲求って、ある種の女子にとっては、もう本能的なことなのでしょうか?

若い男子は子どもについて、そこまで激しい衝動を抱くことが少ないでしょうから、ドン引きしちゃうのかもしれません。

3.「お金がないなら行かない」


「『今月はお金がないけど、どっかでデートする?』と、ぼくが彼女に聞くと、彼女は『お金がないなら行かない』と言いました。別れたくなった瞬間です」(28歳・飲食)

バブルのころじゃあるまいし、男を見たら諭吉に見えるというのも、いかがなものかと思います。ちなみに、お金持ちって、お金のことを期待されるのが嫌いらしいです。美人を見たら即エッチなことを考える男のことが嫌いな女子がいるのと同じことでしょう。

人が持つ美点とは、「うまく」接しないと、人は「そこだけを利用されている」ような錯覚を覚えるのです。

4.「そんなに**ちゃんのことが好きなら……」


「会社の女子の同僚の**ちゃんのことを、ぼくが彼女にしゃべるたびに、彼女は『そんなに**ちゃんのことが好きなら、**ちゃんとつきあえばいいじゃない』と言います。妙な嫉妬をしないでもらいたいです。めんどくさい彼女の嫉妬を前に、別れたいなと思いました」(28歳・建築)

あらぬ誤解から始まる彼女の嫉妬って、男はその火の消し方を知らないというか、単純にめんどくさいと思うというか……もう別れたいなと思って当然かもしれません。

いかがでしたか?
まだまだ残暑が厳しいです。冷めた恋心をもとに戻しやすい季節です。彼の恋心をまちがって冷やしてしまった人は、9月いっぱい営業しているプールにでも行って、プールサイドでチチでも飲んで(カクテルのほうのチチです)、もう一度ラブラブになってみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ