片思い相手に嫌われるNG行動 好きな彼との電話に注意

片思い相手に嫌われるNG行動 好きな彼との電話に注意の1枚目の画像

今回は、片思いがつらすぎるときに、やってはいけないことについてみていこうと思います。さっそくご紹介しましょう!

目次 [開く]

1.女友だちに相談してはダメ


「女友だちに片思いのつらさを語っても、『だよね~だよね~』だけで、なんの解決にもならないので、女友だちに相談するのはやめたほうがいいです」(24歳・ネイリスト)

これは男友だちに相談するというのが正解でしょう。片思いの「彼」という、「男」の気持ちがわかるのは、男だからです。

2.好きな男子へのリア充アピールはNG!


「彼を振り向かせようと、SNSでリア充ぶっていたころがありますが、あれはなんの効果もないです。ただの『金がかかりそうな女』にしか見えないと、片思いの彼に言われて……」(26歳・広告)

ふつうの男子の暮らしぶりって「ちょっと地味」です。で、それくらいの生活レベルに見合った彼女がほしいと思っていたりします。
だから、女子がインテリアがゴージャスなお店で食事したとか、シャンパンを飲んだとか、そういう内容をSNSに投稿しちゃったら、男子ドン引きという結果になるのです。
きっと女子だってふつうに暮らしていたら、その生活ぶりは地味でしょう? 誰の生活だって地味で当たり前なのに、そこを見栄を張るからおかしなことになるのです。

3.ポエムを書かないように!


「高校生のころ、片思いがつらすぎてブログにポエムをたくさん書いていました。匿名のブログでしたが、なぜか彼が知ることになり……最悪でした」(25歳・受付)

彼にバレないのであればポエムを書いてもいいかというと、そうでもないと思います。少し専門的な話になりますが、ポエムって自分のことを客観的に見ること、そして言葉が持つニュアンスを客観的に扱えることが前提として成立する、一種の「言葉遊び」です。

素人がポエムを書くと……自分が歌っている歌に酔いしれるおっちゃんみたいになります。本人は酔っている瞬間は幸せかもしれませんが、当然誰にも伝わらないですし、月日が経つにつれどんどん暗い性格になります。ポエムなんか書かないで、公園を散歩しましょう。

4.夜中に片思い中の彼へ電話してはダメ


「彼に、片思いをしているのを悟られたくなくて、夜中に超ハイテンションで電話しちゃいました。当然、結果は……」(28歳・歯科衛生士)

ヘンに恋心を隠すと、ろくな結果にならないという好例でしょう。

いかがでしたか?
片思いがつらすぎるときって、自分で自分のことを客観的に見られていないので、いろんな奇行に走っちゃうこともあるでしょう。
でも、奇行に走りそうになったら……まずは深呼吸です。息を吐いて、新しい空気を吸うことで新しいなにかが始まりますよ。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ