スロージョギングでカロリー消費 体力に自信がない人におすすめな運動法

「これから毎日ジョギングする!」と決意しても、なかなか宣言どおりに続けるのは難しいものです。それは自分の体力と見合わない運動量に問題があるかもしれません。
今回は、体力に自信がない人でも続けられそうなスロージョギングの方法をご紹介します。
スロージョギングでカロリー消費 体力に自信がない人におすすめな運動法の1枚目の画像


目次

初心者でも始めやすいスロージョギングとは?


「ダイエットしたい」と思って走り始める人も多いと思いますが、毎日続けなければ効果はありません。しかし、今まで運動をしてこなかった人がいきなり運動し始めると、筋肉痛になったり走っている途中に足を痛めたりして、「もうこんな思いはしたくない」と続かなくなってしまいます。

そこで最適なのが「スロージョギング」です。
スロージョギングとは文字通りゆっくりと走ること。ジョギングと同じようなフォームをキープしつつ、歩くのと変わらないほどのペースで走り続けます。

一般的なジョギングでは、ランニングペースを上げることで瞬発的な運動に適した筋肉を使いますが、スロージョギングでは持続的な運動に適した筋肉を使います。この違った筋肉の使い方で、体内の疲労物質である乳酸の発生を緩やかにし、すぐにバテることなく走り続けることができるそうです。
これならランニング初心者や体力に自信のない人でも無理なく始められそうですよね。

スロージョギングはウォーキングよりもカロリーを消費しやすい


スロージョギングとウォーキングではそう変わらないように感じますが、効果はやはりスロージョギングの方が結果が出やすいようです。

歩き方や速度によりますが、ウォーキングでは1時間歩いても消費カロリーはだいたい170~200キロカロリーほどにしかなりません。対して同じ時間スロージョギングをすると、約1.6倍もウォーキングよりカロリーを消費するんだとか。

ダイエット目的で始めたいなら、なるべく多くの消費カロリーを減らすことが大切なので、ウォーキングよりもスロージョギングの方が効率よく減らすことができます。

大切なのは定期的に続けること!


ここまでスロージョギングの良いところを紹介しましたが、一番大切なことは継続的に行うことです。いくらスロージョギングとはいえ、今まであまり運動をしてこなかった人がいきなり長距離を走ることは、体を傷める原因につながります。頑張って走ったのに、ケガをしてしばらく走ることをやめてしまっては、積み重ねたトレーニングが無駄になってしまいます。それならば、毎回1時間と決めて定期的に続け、走れる筋肉を少しずつ作っていきましょう。

3日坊主にならないためには、ウエアやシューズにこだわってみるのも良い方法です。おしゃれなウエアを集めてコーディネートを楽しめると続けやすくなります。



スロージョギングなら、周りの景色を見ながら走る余裕もできます。音楽を聴きながら走ってみると1時間はあっという間に過ぎます。走ることを苦しいものにしないで、走ることを「特別な時間」として大切にしてみてください。

今まで挫折してきた人も、これから始めたい人も、無理なく始められそうなスロージョギングで楽しいジョギングライフを送ってみてはいかがでしょうか?
(キノシタマユコ)
1

関連記事