彼氏が他の女子と一緒にいるのを目撃 浮気かどうか確認する方法

ローリエプレス読者の皆さま、こんにちは! 「アルグラット恋愛相談」の久野浩司です。この連載では、恋愛における男性の心理や行動などについてアドバイスいたします。 

今回の恋愛相談テーマは、「もし彼が他の女子とツーショットで歩いたのを見かけたら、どうする?」です。自分がバッタリ遭遇したら大きく動揺するでしょうが、同時に友達からの報告であっても、そのシチュエーションが自分で確認できない分、勝手に嫌な想像が頭をかけめぐりモヤモヤするでしょう。

そんなモヤモヤを解消するために、あなたが取るべき行動、言動について一緒に考えていきましょう。
彼氏が他の女子と一緒にいるのを目撃 浮気かどうか確認する方法の1枚目の画像


目次

彼が他の女子と親しげに歩いていた……モヤモヤな気持ちどうすればいいの?


「親友から、私の彼氏が他の女子と親しげに笑いながら歩いていたのを目撃したという報告がありました。ちょうどその日は、彼が前から予定が入ってるとのことでデートをしなかった日です。そんな経緯もあり、一緒にいた女子が誰かはわかりませんが、頭の中はモヤモヤした気分です。親友が言うように、楽しそうに笑いながら歩いていたということであれば、なんか怒りがこみ上げてくると同時に、彼が私のことを好きじゃなくなったのではと不安にもなります。どうすれば上手に彼に確認して、このモヤモヤをすっきりできるでしょうか」(Kさん 22歳・旅行代理店勤務)

確かにこのようなシチュエーションに遭遇すれば、なんかモヤモヤしますよね。でも、これって実際に誰でも十分にありえるケースだと思います。
もし彼がその子と手をつないでいたり、イチャイチャしているのであればある意味アウトですが、親友からの目撃情報の通り、今回はただ仲良く笑いながら歩いていただけのよう。
こんな時って、自分が何か悪いことしたわけでなくても、どうしても自分の方がドキドキしてしまうものです。より自然な感じで、彼にどんな目的で二人が一緒にいたのか確認してみましょう。

あなたが気をつけるべきポイントは決して感情的にならないことです。これが今回の一番の重要なポイントですので十分に気をつけてください。

隠しごとがない場合は具体的な予定を教えてくれるはず


まず最初のステップは、自らがその渦中の日は、こんなことをしたんだと楽しそうに話してましょう。
「○○君は、その日予定あるっていってたけど何してたんだっけ?」と、自分の話の後に聞くのが自然な聞き方でしょう。

そこで彼が、何かのグループの友達と会っていた、もしくは会社の後輩と一緒だったなど具体的に言えば、たまたまみんなと合流する前に会ってた、または後ろに他の友達もいたと考えられます。その場合、きっと彼も親友が目撃した情報と同じようなことを言うでしょう。今回それが聞ければ、それ以上は詮索する必要はありません。逆に彼を疑っている、相手を信じていないという無用なケンカにならないように気をつけましょう。

後ろめたいことがある場合は動揺をみせるはず


それでは、もし彼が慌ててごまかしたり、明らかに変なうそをついた時は、やはりちょっとした浮気やアプローチの疑いも考えられます。そんな時でも、先ほども言ったように、決して変に感情的にならず「ふーん、それって本当ー? 実は○○にいたって目撃情報が送られてきたよ」なんて、彼の目を見て言ってみましょう。
そのように、チラッと聞くだけでも、相手のリアクションでわかるものです。もちろん、彼も何もなければ察知して「あー、その時は、あそこに用事があって行ってたんだよ、えっ誰に見られたの?」と軽く言えるでしょう。

反対にもしやましい場合には、向こうが勝手にドキッとして動揺する素振りを見せるかもしれません。「それって誰からの情報?」「その時、何してた?」など、明らかに彼の方が逆にいろいろ質問してくるはずです。それは、あなたがどこまでの情報を知っているのかを確かめたいからです。

彼がそんなリアクションをしたら、「いやいや別に大丈夫だから……」と冷静に冷たく言い放つのです。もし、その現場が彼にとって本当に後ろめたい怪しい行動だったならば、きっと、あなたがどこまで知ってるのかがすごく気になります。だからこそ、決して感情的にならずに冷静に言われること、何も詮索されないことが男性的にはいちば心理的にも嫌な気分になるものです。

浮気の証拠がなければ不安になりすぎないこと!


上記のように、何もやましい様子がなければ、それで終わって気持ちもスッキリするでしょうが、もし彼が必要以上に動揺した場合、つまりちょっと浮気の疑惑が感じられる場合はどうするべきでしょうか?

もし、その時彼にやましい気持ちがあったり、ちょっとした遊びのデートであった場合、あなたが本命かつ大事な存在であればこそ、この「静かな警告」ほど大きな効果があるはずです。

もし、彼があなたにやや冷めはじめていたり、あまり大切に考えていない関係の場合、きっと彼はそれをごまかすための手段として、「誰から聞いたの!? 俺のこと疑ってない?」など、必要以上にあなたに逆ギレしたり、イラッとした様子で矛先を向けてくるはずです。
彼にそのような浮気心が芽生えている場合、当たり前ですが、彼自身が自分の意思で反省したり、考えたり、行動を正さねば、二人が今後いい関係性に向かっていくことはありません。

あらためて、女子の皆さんにはシンプルでお伝えしたい大事なポイントをお伝えしておきます。当たり前ですが、決定的な証拠や確約がなければ、今の段階で必要以上に感情的になったり、パニックになったり、不安になりすぎないこと!

あなたが問題を大きくしようとすれば、それがきっかけで二人の関係にヒビがはいっていくことだって十分に考えられます。あなたが変わらずに彼のことが好きなのであれば、もし何かあっても別れないようにきちんと彼との関係を修正させていくことが重要です。

彼だって同じように別れたくなければ、あなたを不安にさせたことを自らで反省することでしょう。

とりあえず、付き合っていれば男女の関係では、いろいろなことは起こるものです。そのような本末転倒にならないように冷静に対処することが、結果的にあなたをより幸せな方向へと導いてくれるはずです。
(久野浩司)
1

この記事を書いたライター

久野浩司
アルグラット・ライフデザイン代表。オトナ女子向け海外旅行「恋するバンクーバー」、 1年以内に幸せな結婚を手に入れるための「恋愛ライフデザインセミナー」等主催

関連記事