そろそろフェルトハットの季節♪ おしゃれにかぶる5つのポイント

コーディネートを簡単にランクアップさせるアイテムといってまっ先に思いつくのは帽子です。取り入れやすくテクニックいらずでぐんとおしゃれな印象に。夏のストローハットに代わって、そろそろフェルトハットの出番です。アイテム選びやかぶり方など少し気にするだけでおしゃれ度がさらにアップする5つのポイントを押さえましょう。

目次 [開く]

1.みんなと差をつけるならカラーにこだわって


フェルトハットの定番カラーといえばブラックやダークブラウン。どんな洋服にも合わせやすく活躍することは間違いないのですが、ありがちになってしまうのも否めません。そこで、今年の秋は少しひねりのあるカラーに挑戦してませんか? おすすめはアイスグレーやライトベージュ、ホワイトなどの明るめの色。初秋にぴったりですし、重くなりがちな秋冬のコーディネートにさわやかさと軽さをプラスしてくれます。


2.ハットの形は断然つば広め、生地は薄手タイプ


フェルトハットと一言で言っても、形も生地の種類もさまざま。一番トレンド感があるのは、リボンなしのシンプルな中折れタイプ。少しつばが広めのものが女性らしさを感じられるのでおすすめです。また、生地はきりっぱなしのもので、つばが少し波打つくらいの薄手のものがこなれて見えます。


3.大人っぽくハットをかぶるなら、深めが鉄則


帽子のかぶり方もおしゃれに見えるかどうかの大きなポイントです。つばを上にあげて浅めにかぶると子供っぽくなるので、大人っぽく仕上げたいなら深めにかぶりましょう。少し斜めにするとさらにおしゃれさを感じる印象に。


4.ハットヘアは無造作にまとめて


ショートやボブの方はそのままかぶると思いますが、ミディアムやロングヘアの方はまとめ髪に合わせるとすっきりとした印象になります。きっちり結ぶのではなく、くしゃっとしたまとめ方や後れ毛を活かしたニュアンスのあるヘアスタイルがフェルトハットには似合います。


5.ハットファッションはキメすぎに注意!


存在感のあるハットはあまりキメ過ぎたコーディネートに合わせると“頑張っている人”感が出てしまいます。シンプルなコーディネートに合わせてこそ、ハットが引き立つもの。特に主張のあるトップスなどに合わせるとやりすぎな印象になってしまうので気を付けておきましょう。


「今日のコーディネート、ちょっと物足りないな」と思った時など、救世主となるフェルトハット。出番の多いアイテムですので、色違いで揃えたりしてもいいですね。気負わずにどんどんかぶってみましょう!
(mugi)

この記事を書いたライター

mugi
ライター歴11年。雑誌、書籍、Webを中心に、ファッションやライフスタイル、 トレンド情報などの執筆を行っています。趣味は旅行

関連記事