便秘薬のタイプと選び方 便秘を放っておくと肌トラブルや太る原因に

ダイエットや美容には関心があるけれど、便秘の解消を後回しにしてしまっている……なんてことありませんか? 人目にはわからない体の中のことだけど、実際には代謝の低下や皮下脂肪の増加、またさまざまな肌トラブルの原因になってしまうから便秘は厄介です。

今回は、意外とバリエーションがあるおすすめな便秘薬のタイプと特徴、選ぶときのポイントをまとめてみました!
便秘薬のタイプと選び方 便秘を放っておくと肌トラブルや太る原因にの1枚目の画像


目次 [開く]

便秘薬の成分は大きく分けて主に2タイプ


便秘薬の成分は大まかに、「大腸に働きかけて排便を促す成分」と「便の水分量を増やしてやわらかくする成分」に分けることができます。
また、飲み薬のほかに坐薬などのタイプも用いられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.腸を刺激する主な成分


「ビサコジル」や「センノシド」には、大腸を刺激して腸の活性化を促す働きがあると言われています。一時的な使用とし、長期使用は避けるようにしましょう。

2.便をやわらかくする主な成分


「ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)」や「酸化マグネシウム」には、腸内や便の水分を増やして便をやわらかくする働きがあるんだとか。

坐薬などのタイプ


主な成分である「炭酸水素ナトリウム」や「グリセリン」が、直腸粘膜を物理的&化学的に刺激するそう。飲み薬に比べて原始的なイメージもありますが、直腸への刺激が優しく、お腹が痛くなりにくいタイプです。

シチュエーションに応じて選ぶおすすめの便秘薬


便秘薬は刺激が強ければよいというものではなく、状況に応じたチョイスをするのがオススメです。特に、ビギナーさんは少しずつ様子をみながら量を調節するようにしましょう。

便秘薬を初めて使う人には


便秘薬を初めて使う人には、服用量を調節しながら少量ずつトライできるタイプが安心です。自分にちょうどいい分量を探ってみましょう。
また、排便を自然に促す、生薬や植物繊維が配合されたものも初心者さんにオススメですよ。

便秘初期~慢性便秘の人向け


定期的に便秘にお困りの方には、腸の動きを活性化させながら、便の水分量を調整してくれるタイプのものが適しています。

便意が消失している人向け


毎日快腸どころか、2~3日は平気で便が出ないという方には、坐薬などのタイプで直腸粘膜を刺激するのが最適です。

便秘の原因はさまざま。大腸に思わぬ疾患が隠れている場合もあるので、異変を感じる際は早めに医師の診断を受けることも重要です。
また、バランスの取れた食事と規則正しい生活は、便秘対策にとってもちろん大切なこと。便秘薬に完全に頼ってしまうのではなく、適切な使用を心がけるようにしましょう。
(由井妙)

この記事を書いたライター

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ