冷え性でも安心“穀物コーヒー”の魅力とシリアルバーの簡単レシピ♡

コーヒーはカラダを冷やすと聞いたことがありますよね。それはコーヒーに含まれるカフェインを摂取することで交感神経が刺激され、血管が収縮することで冷えを引き起こすと言われています。

そこで、コーヒーの代わりにノンカフェインで栄養豊富な「穀物コーヒー」を取り入れてみませんか? 穀物コーヒーの魅力と、合わせて食べたいシリアルバーのレシピをご紹介します!
冷え性でも安心“穀物コーヒー”の魅力とシリアルバーの簡単レシピ♡の1枚目の画像


目次 [開く]

カフェインはカラダを冷やし、イライラの原因に


白米の代わりに玄米や雑穀米を取り入れるなど、ダイエットや健康志向が高まっていますよね。
ここ数年注目を集めている「マクロビオティクス」の考え方では、コーヒーは熱帯でとれるものなので、温帯に住む日本人にとってはカラダを冷やす食材であると言われています。この「マクロビオティクス」とは、穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食のことで、食養生の考え方のひとつです。

また、カフェインを摂取することで交感神経を過剰に働かせることになるため、非常に心身の負担になります。そのため、リラックスをうながす副交感神経が働く出番が少なくなるので、カフェインを日常的にとり過ぎるとイライラしたり、ストレスに弱くなったりしてしまうのです。

ノンカフェインでカラダにやさしい“穀物コーヒー”



そこでおすすめしたいのが「穀物コーヒー」です。
これはライ麦や大麦、チコリなどの粉末をいって作ったコーヒー風の飲み物で、当然ながらノンカフェイン! さらには、天然の食物繊維やビタミンB群もとれるので、美容上も大変お得なのです。
この穀物コーヒーはとても香ばしく、本物のコーヒーよりやさしい口当たりがほっとできる味です。

穀物コーヒーと一緒に食べたい栄養満点シリアルバーのレシピ


冷え性でも安心“穀物コーヒー”の魅力とシリアルバーの簡単レシピ♡の2枚目の画像

この雑穀コーヒーによく合うおいしいシリアルバーのレシピをご紹介します。何とオーブン要らず! フライパンひとつで作れる栄養満点なお菓子です。お子様も安心して召し上がっていただけますので、ぜひ作ってみてくださいね☆

材料


玄米 大さじ2
お好みのナッツ 大さじ4
お好みのドライフルーツ(何でもOKですが、デーツとレーズンがおすすめ!)大さじ4
水 大さじ4
黒糖 大さじ2 
岩塩 少々
オートミール 大さじ2
黒ごま 大さじ1
ごま油 少々

作り方


(1)玄米をミキサーでひいて粉状にし、ナッツやドライフルーツも細かく刻んでおきます
(2)フライパンに水を入れて温め、黒糖を入れて溶かします。そして岩塩を加え、キャラメル状になるまで煮詰めます
(3)フライパンを火からおろし、粉状の玄米、ナッツ、オートミール、ドライフルーツ、黒ごま、ごま油を加えて一気に混ぜます
(4)型に3を入れて、平らにならします
(5)生地が適度に乾いたら、好みの大きさにカットして完成です!

カフェインフリーな暮らしは、きっとストレスまでもフリーにしてくれるでしょう。カラダにやさしいお茶の時間を、どうぞお楽しみください。
(ユウコ)

この記事を書いたライター

ユウコ
「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて執筆中

関連記事

今、あなたにオススメ