初対面の彼ママに好印象を与えるためのポイント 手土産にメッセージを添えてみて!

長く付き合っていると、彼氏の家族にご挨拶する機会が訪れることも。とくに結婚を考えている真剣交際の場合、彼氏のお母さんに与える第一印象は、将来を左右する重要なポイントですよね。

今回は、彼ママとの初対面で好印象を残すための方法についてみていきましょう。
初対面の彼ママに好印象を与えるためのポイント 手土産にメッセージを添えてみて!の1枚目の画像


目次 [開く]

1.手土産にメッセージを添えて渡す


もちろん、ご挨拶をするときは手土産を忘れずに。とても高価なものを買っていく必要はありませんが、安すぎるスーパーのお菓子のようなものも避けましょう。百貨店や人気のお菓子屋さんなどで販売されている日持ちするものや、紅茶の詰め合わせなど、彼氏にお母さんの趣味を伺いつつ、気の利いた物を選ぶと吉! 手土産に小さいメッセージカードなどをつけて、日ごろ彼氏にお世話になっていることへのお礼を添えましょう。

2.服装は無難、メイクはほどほどに!


よく言われることですが、彼ママにはじめてご挨拶をするときは、「無難な服装とほどほどのメイク」を心がけましょう。とくに避けたいのは露出が多いファッションです。
なにも黒髪に染め直して、清楚なワンピースを買いに行く必要はありませんが、相手に不快感を与えないレベルのファッション&メイクが基本です。またお宅にお邪魔する場合は、素足とサンダルという組み合わせはNG。どうしても素足で行きたいのなら、靴下を持参して、玄関でさっと靴下を履くように心がけましょう。

3.使い慣れない敬語は避ける


初めての挨拶は緊張しますが、あまりガチガチになってムリな敬語をひねりだす必要はありません。常識的な範囲で、ていねいな言葉遣いを心がければ問題ありません。
逆に、日頃使い慣れない「敬語」を使おうとすると、間違った言葉遣いになることも。謙譲語、丁寧語、尊敬語など、その使い分けができない言葉は使わない方が無難です。人によっては、間違った言葉遣いを過剰に気にする人もいます。ムリをせず自分らしい話し方で相手と向き合いましょう。もちろん汚い言葉遣いや、馬鹿笑いなどはやめましょうね。

4.しっかり彼ママの目を見て話す


初対面の彼ママに好印象を与えるためのポイント 手土産にメッセージを添えてみて!の2枚目の画像

忘れてはいけないのが、相手の目をしっかりと見て話すこと。緊張したとしても、ずっと彼氏を凝視したり、下を向きっぱなしでは相手の親御さんもビックリしてしまいます。
目を見るのが恥ずかし場合は、鼻のあたりを見るようにしたりすると、自然に視線を上に向けることができますよ。

5.“彼氏がいかに自分を好きか”のアピールはほどほどに


彼氏のお母さんと仲良くしたい! 彼氏と結婚したい! そんな気持ちが先走って、彼氏がいかに自分を好きかについて語りだすのはNGです。
たとえば、「普段こんなに優しくて、たくさんプレゼントを買ってくれて~」「私のことを、いつも好きだよ、カワイイねって褒めてくれるんです~」と言った内容です。

母親は自分の息子がカワイイもの。どこか「息子を取られてしまう」という不安も抱えているので、こういった話題は相手に不快感を与えることもあります。それなら、「私は彼のこういったところを尊敬しています」という自分の意見を言いましょう。

6.彼氏を注意したり上から目線はNG


普段、彼氏に上から目線で説教をしているという女子も、彼ママの前では我慢しましょう。彼氏の態度が悪かったとしても、相手のお母さんが見ているまえで、「ちょっとちゃんとしてよ!」「はぁ? あんたばかぁ?」といった態度は控えたほうが吉。
初対面で自分の息子を注意されたら、どんな親だっていい気はしませんよね。

7.目を盗んでイチャイチャしない


一番避けたいのがこれ。彼ママの前で、彼氏とイチャつくことです。ちょっと目を盗んで抱きついてみたり、すぐに手をつないだり、キスをしたり……。さすがにこんな勇者はいないかと思いますが、気が緩んだすきにイチャイチャしちゃうカップルは注意が必要です。イチャイチャは2人のときだけにとどめておきましょう。

以上のポイントを重視して、彼氏のお母さんと仲良くなれれば良いですね♪
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ