緊張の初デート 用意しておけば失敗しない安心神アイテム

気になっている男性との初デートって、ドキドキしますよね~。緊張して彼が夢に出てきたり、当日めちゃくちゃ手汗をかいたり。ある程度の年齢になると、「初デート」にも馴れちゃうかもしれませんが、やっぱり気になっている人と初めて2人で会うのはドキドキしませんか?
さて今回は、そんな緊張の初デートで安心するためのグッズを、考えてみたいと思います!

緊張の初デートでもっておきたいものって?
緊張の初デートでもっておきたいものって?


目次 [開く]

1. 待ち合わせのタイミングで使えるイヤホン


デートの待ち合わせにはやく着いてしまった~! ヒマだけどソワソワするー! 何回もトイレに行ってメイクを直しながら時間つぶし。でも直すごとにケバくなってるし、ファンデも厚塗りすぎだし……うおおおお!(錯乱状態)
――さて、そんな精神不安定状態の初デート前。イヤホンがあれば安心です。

交感神経が優位になってドキドキしてしまうときこそ、副交感神経を優位にしてくれるリラックス音楽を聴いて気を紛らわしましょう。落語、ヴィジュアル系、アニソン、リラックスBGMなどなんでもOKです。クラシックミュージックではなくても、自分の好きな音楽を聴くと副交感神経が優位になり落ち着くことができます。

2. ある程度の現金があればどんな状態にも対応できる


さて、デートでご馳走してもらえるからといって、自分のお財布がカラではどうしようもありません。

例えば、
「ごめん、おれ現金下ろしてくるの忘れちゃったわ! ちょっと今だけお金貸してくれない?」
「ごめん、仕事が長引いてるから、先にどっかのカフェでお茶して待っててよ!」

といったシチュエーションが考えられます。

もちろん、他にも
「やば! 終電逃しちゃった。俺の家か、ホテル行かない?」などという誘いをスルーするためにも現金が必要です。

現金があれば「私、タクシーで帰ります!」と髪をなびかせて颯爽と立ち去れます。手持ちのお金がないと、「しょうがないから、この男といっしょに泊まるしかないわね」と惰性でズルズルしてしまいかねません。

3. これは鉄板、ハンカチ


続いてハンカチ。食事中だけでなく、初デートではなにかと必要な状況が訪れるのがハンカチです。

「え~、ハンカチ持ち歩いてないの? ありえないんだけど!」という女子力高めの女子がいる一方で、ハンカチを持たないタイプの女子は「よしハンカチ持参するぞ!」と気合いを入れなければ、決してかばんにハンカチが入っていることはありません。はい、ズボラ女子はハンカチを入れるのも一苦労なのです。

初デートの最中ドキドキしてしまうなら、好きなアロマを垂らして持ち歩くと良いでしょう。不安なときには、赤ちゃんのようにニギニギと触る。ちょっと汚れた口元をハンカチで拭う。彼がズボンにワインをぶちまけたら、「はい、ハンカチ使って(ニコッ)」と手渡す。用途はさまざまです!

4. 急なお泊りにも安心のパンティーライナー


予定外のオールになる可能性を考慮して、パンティーライナー(おりものシート)を必ず数枚持参しましょう。これがあれば、最悪パンツの替えがなくてもちょっと安心できちゃいます。

また、急な生理などの緊急事態にも対応できる女子の必須アイテムです。重ねてある2枚組のものも販売されているので、自分にあったものをセレクトしましょう。

5.スマホ充電機は初デートではマスト


「やば、俺スマホの電池切れちゃったわ」
「え、私ももう残り%しかないよ(やば、ポケモンGOやりすぎた)」

こんなことにならないように、スマホ充電機を持参しましょう。これがあれば待ち時間も安心。気兼ねなくポケモンを捕まえながら彼を待てますしね。地図アプリを使うと電池の消費も早いので、慣れない場所で待ち合わせの場合も充電器が必須です。初デートでは普段慣れない場所に行くことも多いと思うので、こうしたアイテムがあると重宝しますよ♡

6. 鏡


そしてベタですが手鏡を忘れないようにしましょう。初デートではまだお互いが、「あれ、歯に海苔ついてるよ(笑)」と指摘しあえない関係性であることがほとんど。相手の歯にほうれん草やゴマが挟まっていたとしても、あるいはイカスミで唇が真っ黒になっていても、相手にそれを伝えることは非常にハードルが高いのです……。

相手に気を遣わせないように、ちょこちょこと鏡で口元などをチェックしましょう。

7.初デートの会話で使えそうな、すべらない小話


最後にこれ。意中の男性と初デートをすると、相手に好意を抱かれたいがために、「うんうん、あはは」「○○くんって、ホントに面白いんだね♪」「いいと思うよ」などと聞き役に徹した「いい子キャラ」になりがち。

でも男性はそんなの求めていないんです。君の考えとか、意見が聞きたいの! というわけで、どうでもいい小話を1つか2つ用意しておきましょう。

「そういえばさ~」「超どうでもいいんだけどね~」「これどう思う~?」

などと自分発信の話題をしてみることが大切。持論を述べた上で、相手の意見をもとめれば、シーン……とした"完全に沈黙"状態は回避できます。

以上、ドキドキ初デートの前には、ぜひ7つの神器を用意してみてはいかがでしょうか?
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事