モテるために覚えておきたい3つのテク 誘いたくなる女になる方法♡

モテるために覚えておきたい3つのテク 誘いたくなる女になる方法♡の1枚目の画像
男性からモテたいと思った時、彼のスケジュールに合わせてしまう女性ってかなり多いですよね。やっぱり異性から誘われたら、すかさずOKするのがモテる女だと思っている女性もいるはずです。でもこれって実は大きな間違い。本当にモテたいのであれば「いつでも誘って」と言うスタンスよりも、ちょっぴり忙しい女を演じる方がモテの効果が高いと言えるでしょう。
今回はをモテるために使える、3つの言動をご紹介します。



1.モテたければ「予定を入れちゃった」のセリフが有効

モテるために覚えておきたい3つのテク 誘いたくなる女になる方法♡の3枚目の画像

男性と話をしているうちにどんどん盛り上がり「今度の週末とか今度ご飯行こうよ」と誘われることってありますよね。でもその場で具体的な日程を決めずに、後から「今週末週末どう?」なんて連絡してくる男性もかなり多いです。そんな時には「週末OKですよ」と言うよりも、「予定入れちゃいました」と一度断る方が、実はモテる為には効果的!

ただしこれは言い方がかなり重要で「あの後何も言ってくれないから、社交辞令だったのかと思って予定入れちゃいました……。来週の金曜日なら空いているんですけど、どうですか?」と言う感じで伝えるのがおすすめです。これを言うことで「期待はしていたけど予定を入れてしまった」というニュアンスを伝えることができるから。

男性にとっていつでも空いている女性は安心感を持ってしまうもの。つまり、いつでも誘える女だと思われてしまうんです。ですから、予定をしっかり埋めてくれないと他の男性との予定を入れちゃうくらい忙しいし、誘いもあるんだよーと言うことを相手にアピールするような伝え方をしてみましょう。ただし嫌味な言い方にならないようにだけは気を付けてくださいね。

2.電話にはすぐに出ないのがモテ女子ルール

モテるために覚えておきたい3つのテク 誘いたくなる女になる方法♡の2枚目の画像

異性から電話が来たら、すぐに飛びついて出てしまう女性はいませんか? これはあなたがモテたいと思っているのであれば絶対にやってはいけない行動の一つです。基本的に電話は何コールか待ってから出るのがモテる女子の鉄則。すぐに電話に出ると「常に携帯をいじっている暇な女」と言うイメージを相手に与えてしまいかねません。

異性から電話があった時には何コールか待つ。それでもしも電話が切れてしまったら、数分後にかけ直す。たったこれだけのことで、あなたは「いつでも繋がれる女」から「連絡したくなる女」に格上げしてもらうことができるんです。

電話を掛け直したら「電話に出れなくてごめんね」と謝ってから、用件を聞くようにしましょう。この気遣いは「やっとつながった女性」に対する好感度を上げやすいです。いつもは電話に出るまでに少し時間がかかる女性なのに、たまにすぐに電話に出るとなぜだかドキッとしてしまうと言う男性の意見を聞いたこともあるので、これもぜひ参考にしてみてほしいですね。

3.デートの誘いはいつでもOKしない

モテるために覚えておきたい3つのテク 誘いたくなる女になる方法♡の4枚目の画像

デートに誘われた時、いつでもOKしてしまう女性は意外とモテません。「フットワーク軽い女性の方がモテるでしょ」と思っている人は多いかもしれませんが、これも上記と同じ理由で「いつでもデートができる女」として扱われるようになってしまう可能性が高いんです。

男性からデートの誘いをされたら、予定がないことがわかっていてもまずはスケジュールをチェックしましょう。手帳でも携帯でも構いませんので、「いつでも暇な訳じゃない私」をしっかりとアピールします。そしてアピールをしたうえで、「その日ならOKです」と答えるんです。

いつでも暇そうな女性だと「いつ誘ってもOKしてくれる」と思われてしまいますが、予定が埋まっていそうな女性だと「彼女とデートするためには早目に誘わないと」と言う意識が働くようになります。その結果として、異性からデートに誘われる回数が多い、モテる女性が完成するわけですね。

ちょっぴり忙しい女を演じることで、確実に男性から女性としての立場をランクアップしてみてもらえるようになるはずです。「予定がたくさん入っていると言うことは、一緒に居ると楽しい女性なんだ」と思ってもらえるからですね。けれどもその忙しいの度合いを「かなり忙しい」にしてしまうと、一気に非モテ女子に格下げされてしまいます。

「いつも忙しそう」「どうせ誘ってもOKして貰えない」なんて思われてしまったら、それは忙しいアピールのやり過ぎと言うことになりますね。「ちょっぴり忙しい」の度合いをきちんと保ったうえで、モテ女子のテクニックを真似してみて下さいね。
(Yuzuko)

この記事を書いたライター

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ