見落としがちな彼氏を作るための方法 自宅と職場の往復でも出会いはつかめる 

自宅と職場を往復する毎日で、彼氏ができない、出会いがないと嘆いているそこのあなた! 巷には、「趣味を持つなり、バーに寄り道するなり、もっと行動せよ!」と叱咤激励する、スパルタ型の恋愛ハウツーも存在しますが……。ここでは、厳しいことを言うつもりはありません。自宅と職場の往復で彼氏を作ればいいじゃないか! 職場で恋のきっかけを掴めば、+αで行動を起こす必要なんぞないのですから。

見落としがちな彼氏を作るための方法 自宅と職場の往復でも出会いはつかめる の1枚目の画像


目次

アフター5しなくても彼氏はできる


ええ、そりゃ趣味はないよりもあったほうが、出会いのチャンスは広がるでしょう。バーへの寄り道も然り。でもね、趣味にもバーにも、お金がかかります。決して景気が良いとはいえないこのご時世、週5・1日8時間のフルタイムでお勤めしても、普通に生活するのがやっとという女性も多いでしょう。お金の問題でなくとも、フルタイムで働いていれば、帰りに趣味の習い事やバーへ寄る体力・気力が追いつかないこともあるでしょう。

ですから、出会いのチャンスを広げるための行動を起こしていない自分が悪いのだと、責めるのはナシ! 「英会話教室に月1万円も出せないよ……」「1杯1000円のカクテルなんぞ飲めるかっちゅーの!」「飲食店勤務は体力仕事だから、帰りにどこか寄るだなんて無理ゲー」と、開き直ってください。

彼氏を作るには 職場で「きっかけ」を掴もう


開き直ったところで、次は職場での出会いに目を向けましょう。「私の職場は女性ばかり……」とか、「男性はいるけど、年配のオッサンばかり……」などの環境でもノープロブレムです。職場内恋愛を目指すわけではなく、職場はあくまでも「きっかけ」を掴む通過点と考えてくださいね。

たとえば、女性ばかりの職場だったら、男友だちの多そうな同僚に、「彼氏募集中」「いい人いたら紹介して」と、斡旋を頼むのです。既婚の同僚でもいいでしょう。ダンナさんの男友だちを紹介してもらう方法だってあります。

年配のオッサンもフル活用しちゃいましょう。むしろ、同僚女性よりも、年配のオッサンのほうが、よっぽど役に立つケースのほうが多いです。たとえば、高収入男性を狙っている場合、同年代の同僚にはなかなか言いづらいですよね。年配のオッサンには、意外と言いやすかったりするものです。

筆者も20代の頃にお勤めしていた会社の飲み会にて、年配のオッサン……もとい上司に、「図々しかもしれないですけど、私はお金持ちとお近付きになりたい」と話したところ、即答で「後輩に医者がいる」と返ってきました。自分の後輩が医者であるということを、武勇伝の如く語る上司……筆者は悟ったのです。人間、ある程度年齢を重ねると、「仲人欲求」が湧いてくるのだなぁと。これまで培ってきた人脈が、若い者同士を繋ぐ……これこそ、年配のオッサンの喜びなのでしょう。

見落としがちな彼氏を作るための方法 自宅と職場の往復でも出会いはつかめる の2枚目の画像


彼氏を作るのに大事なのは「愛嬌」と「本音」


職場の同僚女性や上司に、「このコのためにひと肌脱いであげよう」と思わせるには、それなりの「人となり」が必要であると、筆者は考えます。気を付けて頂きたいのが、「職場なのだから、業務上で役に立てば良いのね!」と勘違いしがちですが、筆者の経験上、決してそうではないようです。

もちろん、業務上役に立つ人材であることは大事です。が、それは「紹介話のゲット」とはあまり関係ないので、ここでは割愛しますね。紹介話をゲットするには、兎にも角にも愛嬌と本音……この二点に尽きるでしょう。極論を言えば、業務上役立つ人材でなくとも、愛嬌さえあれば、紹介話はじゃんじゃん舞い込んできます。

先に挙げた、「後輩の医者を紹介しよう」と言われた職場での筆者は、ぶっちゃけ落ちこぼれ社員でした。向いていない仕事に悪戦苦闘する筆者を見て、上司が「このコは仕事に生きるより、もっと別の幸せを掴んだほうが良いのかも。幸い、愛嬌はあるし」とジャッジしたのかもしれませんね。

本音も大事です。「出会いを求めていると思われるのが、ガッついているようで恥ずかしい」は、本音とは言えないですよね。「出会いが欲しいんです!」と、素直になることで、協力者は必ず現れます。

習い事に通うよりも、バーに立ち寄るよりも、日々のルーティンワークの中できっかけが掴めるのですから、超・お手軽です。自宅と職場の往復でも、出会いは意外とすぐそこにあるものですよ。
(菊池美佳子)
1

この記事を書いたライター

菊池美佳子
コラムニスト。1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストとして活躍中。

関連記事