好きになる手前でネガティブになる人へ あきらめる前に考えてほしい3つのこと

「あの人カッコいい!」「素敵な人に出会ったの」と盛り上がっているときは楽しいのに、いざその相手と近づき、メールやLINEのやりとりを始めた頃から、「やっぱり無理かもしれない」とネガティブになり、逃げ出したくなる――。
そんな女性の恋の悩みを良く耳にします。彼女のように「恋が始まる手前でつまづいてしまう」という人へ、考えられるその理由と克服のコツについてご紹介します。
好きになる手前でネガティブになる人へ あきらめる前に考えてほしい3つのことの1枚目の画像

目次 [開く]

1:いきなり多くを期待してしまうから


最初は「相手の顔が見られるだけで嬉しい、話せるだけで嬉しい」といった小さな願望だったのに、少し相手と仲良くなり始めた途端に、いきなり「たくさんの愛情」を求める心理が芽生えてきて、それが得られないとブルーになる……。
これは恋の始まりでネガティブになってしまう代表的な理由のひとつです。

たとえば、連絡先を交わしたばかりの相手から返事が返ってきたとき、それだけで満足できず、「でも2通目が来ない」などと落ち込んでしまったり。好きな相手が他の女の子に普通に接しているだけで、「皆に優しくするなんて、ひどい」と不服に思ったり。

相手の好意も愛情もまだ育ちきっていない段階で、多くの愛情を求めてしまう気持ちを制御できず、結果うまくいくかもしれない恋を自分でダメにしてしまう……といった展開も起こりがちです。

この傾向がある人は、その都度「多くを期待しすぎていないかな?」と自問自答し、「人として、相手がしてくれていること」に感謝するという姿勢を心がけていきましょう。

実際に片思いの悩みを聞いていても、冷静に考えれば、「普通に好意的な対応」「友達としては当然の対応」をされているケースはたくさんあります。「好きな人に好かれたい」という気持ちはあって当然ですが、結果を急ぐとダメになりがち。“過剰に期待しがちな心理”に気づき、上手にコントロールしていきましょう。

2:「思ったような反応」がないと落ち込んでしまうから


自分の「思っていたような反応」を相手がしてくれなかったときに、「ああやっぱりダメなんだ」「私には無理」とネガティブになってしまう人もいます。でも、相手が違う人間である以上、自分の予想とは違う反応が返ってくることはあって当然ですよね。「女子ならこうするはず」という対応も、男性の場合は全く違う……ということもあります。

この理由に思い当たる傾向がある人は、「真意はわからないものの、相手がそういう行動をした」という”事実”だけを見つめる習慣をつけていきましょう。

相手の反応に納得いかないならば、「運命の相手」「絶対にこの人しかいない!」と盲信するのはまだ早いよ〜という恋の神様からの注意サインかも。「候補のひとり、くらいに思っておこう」「こっちも本当に愛していけそうな人か、まだ見極めている段階だから」と少しの冷静さを心がけておくと、無用にネガティブにならずに済むでしょう。
好きになる手前でネガティブになる人へ あきらめる前に考えてほしい3つのことの2枚目の画像

3:「どうするのが正解か」を考えすぎて、疲れてしまうから


恋愛を意識し始めると、「どう行動すればいいのかな」「どうするのが正解!?」などと悩みすぎて疲れてしまう人もいます。疲れきった結果、「やっぱり私には無理なんだな」「こんなに疲れるのは運命の相手じゃないってことだ」といった一方的な結論を出してしまうことも。

この傾向がある人は、「恋愛成就までの道はたくさんの”ルート”がある」と考えておきましょう。たった一回の言動でダメになるような関係ならば、どうせ長続きはしません。お互いに多少なりとも恋愛感情があるのであれば、どのルートを行っても、たどり着く可能性はある!と信じて、細かな”失敗”を恐れすぎず、自然体で接していくことを目指しましょう。

「今メールを送るべき?」「こんな言葉をかけるべき?」などとその行動が正しいか迷ったときは「相手がただの友達だったら、私はどう行動してるかな」と考えてみると、無用に悩みすぎる時間を減らせると思います。
好きになる手前でネガティブになる人へ あきらめる前に考えてほしい3つのことの3枚目の画像

小悪魔ぶろうとした結果、非常識な態度になってしまったり、わざと避けて疎遠になってしまったりするくらいなら、普通に「友達として」付き合ってみたほうが良い結果が出ることもしばしば。
真剣交際しているカップルは、単に「異性として」だけでなく「人として」認め合っている部分も必ずあるものなので、「異性を意識することも大事だけど、基本的には自分らしく自然体でいればいい!」と少し”開き直る”ような強い気持ちも持っておくのがおすすめです。

以上、3つの原因と対策をご紹介しました。恋が始まる手前でネガティブになってしまいがちな人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ