彼氏とのすれ違いを回避するには 相手の気持ちが離れていってるかもと思ったときにすべきこと

大好きな彼氏の気持ちが、自分から離れていっているかもしれないと思うと、非常に焦ると思います。だから、ことさらなんでも相手の言うことをきいてしまったり、マメに彼に手料理をふるまったりとか……そういうことをする女子が後を絶たないのでしょう。

今回は、「彼氏の気持ちが離れていってるかも」と思った時に、彼女としてやるべきことについて、一緒に見ていきたいと思います。すれ違いを回避するためにはどうしたらいいのでしょうか。さっそくご紹介しましょう!

photo by:怕水的青蛙
photo by:怕水的青蛙


目次 [開く]

1.気持ちが離れているからと焦らず、いつもと同じように振る舞う


「彼氏の気持ちが離れていっているのがわかったとき、私は焦りましたが、あえていつもと同じように振る舞いました。慌てないで、これまでのペースに、彼と私を引き戻そうと思ったのです。バッチリうまくいきましたよ!」(24歳・営業)

一般論になりますが、焦ってやったことって、たいていうまくいかないですよね。すれ違っているからといって焦ってもいいことはありません。
ここはひとつ、この彼女のように、腹を据えて、いつも通り振る舞ってみる……こういうことが功を奏する場合もあります。
恋愛においては、時間が解決してくれることもある、ということです。

2.すれ違っている時こそ、彼氏と一緒にお金をつかう


「彼の気持ちが私から離れていくのがわかったとき、私は彼氏とたくさんお金を使いました。一緒に週末に温泉旅行に行ったり、いつもは行かないデパートで、高い洋服を買ったり……そういうことをしました。その結果、彼とふたたび仲良くなることができました」(26歳・生保)

お金という「道具」を使って、カップルの間に刺激をぶち込んであげるというのも、彼氏の離れていっている気持ちを元に戻すテクニックです。
むやみにお金を使えばいいというわけではなく、お金を使うことによって、彼の新しい一面を引き出してあげるとか、自分の新しい一面を引き出して彼に見せてあげるとか、そういうことをすればいいわけです。すれ違いの時は一緒に過ごす時間が少なくなっていることも原因のひとつなので、旅行やデートにお金をかけることはすれ違いの解決にもつながりますね。

3.自分が「持っていないもの」を再確認する


「彼氏の気持ちが離れていっているとき、私は自分が持っていないものを再確認しました。つまり、私にとって尊敬できる部分を彼氏の中に探したわけです。彼氏の気持ちが離れていっている時って、お互いに馴れ合いになっているので、最初の、緊張感のある状態に戻してあげればいいのだと、私は気づきました」(24歳・ヘアメーク)

この彼女が言っている通り、彼氏の気持ちが離れていっている時は、わりとカップルの関係が馴れ合いになってしまっています。
そういうときは、出会った頃のような緊張感のある状態に戻してあげると、彼の気持ちが戻ってくることもあるということです。
だから、自分が持っていないものを再認識する、つまり彼氏の尊敬できる部分を、もう一度見つめなおすというのは、非常に重要なことです。

4.すれ違い時期はあえて会う回数を減らす


「私はあえて彼氏と会う回数を減らしました。会わない期間が長くなればなるほど、もっと彼氏の気持ちが離れていくと思ったのですが、出会った頃のような初々しい気持ちで、ふたたび付き合えるようになりました」(25歳・受付)

このケースも、3番でご紹介したこととと同じですよね。
彼氏の気持ちが離れていっているとわかっているにもかかわらず、会う回数を減らすのは、非常に勇気のいることだろうと思います。
でもそれをやれば、初心に戻って、小気味よい緊張感のある状態で付き合えるようになることもあるわけですから、勇気を持つことも大切です。

いかがでしたか?
ご紹介した4つの証言からもわかるように、彼の気持ちが離れていっているかもしれない思った時、まずは焦らないことです。焦らないで、出会った頃のような緊張感のある関係に戻してあげればいいわけです。
こういうのは、酸いも甘いも知っているオトナ女子の方が、うまくできるかもしれません。若いと、どうしても気持ちが先走って、焦っちゃうこともありますよね。焦ったときは深呼吸です。深呼吸をして、「落としどころ」をじっと考えれば、状況はそのうち良くなります。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ