恋人とデートの趣味が合わないときの解決策 キラキラしたデートを彼氏が嫌がる理由

今回は、恋人とデートの趣味が合わないと嘆くカップルがうまくいくためには、どうすればいいのか? についてお届けしたいと思います。
恋人とデートの趣味が合わないときの解決策 キラキラしたデートを彼氏が嫌がる理由の1枚目の画像

目次

恋人とデートの趣味が合わない理由は?


デートの趣味が合わない理由はたった1つです。彼氏は男子っぽい考え方をするし、彼女は女子っぽい発想をするからです。週末、彼女がショッピングデートやおしゃれなカフェデートをしたいと思っているときに、彼は平気で1日中ゲームをしたり漫画を読んだりするのはそもそも性別が異なり、それゆえに考え方が違うからなのです。

彼氏が嫌がるキラキラしたデートプランとは?


スイーツ・カフェデートが嫌がられる理由は?


たとえば、彼女が話題のスイーツがあるカフェにデート行きたがっているにもかかわらず、彼氏がそれを拒否するといったパターンが良くあります。
とくに若いカップルだと、男子は「女子っぽいこと」をするのを嫌がる傾向にあります。だから、一般的に女子っぽいとされているデートは、だいたい彼氏側が嫌がります。「女子は甘いものが好き」とされているから、男子はスイーツのお店に彼女と入るのを嫌がるわけです。

人混み・遊園地やイルミネーションスポットを嫌がる理由は?


人混みが嫌いな男子だっています。仕事でさんざん人と接しているのだから、デートのときくらい、人が少ない場所に行きたい……こういう考えを持っている彼氏に、いくら彼女が「今度の三連休、ディズニーランドに行こうよ」「イルミネーション見に行こうよ」と言っても、それは無理というものです。

ショッピングデートを嫌がる理由は?


彼女からすれば魅力的なショッピングデートを嫌がる男子もいます。「彼女のあとを金魚のウンチみたいに、くっついて歩く女々しいやつ」なんて思われたくないという心理が働くのでしょう。

どうすれば恋人とデートの趣味が合う?


大人になれば、デートに関しては、彼氏側は彼女の趣味に理解を示したほうがうまくいきますし、彼女側も、彼氏の趣味に理解を示したほうがうまくいきます。

でも、そういう異性に対する相互理解というのは、歳を重ねないと、なかなか深まるものではありません。ではどうするべきか?

解決方法:カップルお互いの趣味の最大公約数をとる


たとえば、彼氏がスポーツ観戦デートをしたいとして、彼女がまったくそれに興味がなかった場合でも、お互いお酒を飲んだり美味しいものを食べたりすることが好きで趣味だとしたら、その共通の部分を大事にします。スポーツ観戦中に飲めるお酒や、おいしいB級グルメなどがあれば、デートはわりとうまくいくし、ケンカにならないのです。

共通の趣味がない場合は?


共通の趣味がない場合は、彼女は「男子的な思考」に慣れるしかないですし、彼氏は「女子的な思考」に慣れるしかありません。最初は慣れないものですが、「好き」という気持ちがあればいずれ相手の思考パターンを読めるようになり、付き合い続けられるはずです。

相手が好きなら「割り切り」も大事


結婚したご夫婦を見ていてもわかるでしょう?
たとえば、旦那は週末のたびにゴルフに行く、あるいは場外馬券場に行く。奥さんは郊外の大型ショッピングモールに行きたがる、おうちに車は1台しかない。これでケンカになっているご夫婦なんて、珍しくもなんともないのです。
そういう奥さんは、いい意味での割り切りを持っています。旦那がゴルフに行きたいのは、旦那の人格として、しかたない……。こういう割り切りです。
つまりデートの趣味の問題というのは、人格の問題とイコールなのです。相手の人格をちゃんと認めてあげることができるから、交際は続きます。

デートの趣味の問題で彼氏と揉めるというのは、まだ彼の「人となり」を十分に理解してあげられていない、つまり彼氏のことが「そこまで好きではない」ということなのかもしれません。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作家/コラムニスト/作詞家。キルケゴール哲学をベースに、なんとなく淋しい人に向けた希望論&恋愛論『自分を愛する方法』を上梓。全国の書店等で発売中。『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの男って実は』(Grapps)など連載多数。日本自殺予防学会会員。キルケゴール協会会員。

関連記事