生田斗真×広瀬すずにインタビュー 映画『先生!』で豪華カップル共演が実現♡

累計発行部数570万部を突破した、河原和音作大ヒットコミック「先生!」が、初共演の生田斗真さん×広瀬すずさんという豪華カップリングで映画化!

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

河原和音氏の原作は、先生と生徒の純愛ラブストーリーとして、1996年から2003年まで別冊マーガレットで連載され、今なお幅広い読者の心を掴み続ける少女漫画。メガホンをとるのは『ホットロード』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など立て続けにヒット作を生み出し、青春恋愛映画の名手と言われる三木孝浩監督です。
また、今年30周年を迎えたスピッツが書き下ろし楽曲『歌ウサギ』を主題歌として提供することでも話題となっています。

(C)LAURIER PRESS

今回ローリエプレスでは、なんと主演のお二人にインタビュー! 初共演となる二人の印象や撮影の裏側のエピソードをお聞きしちゃいました♡

王道恋愛映画“初”! 『すずちゃんのためにもいい映画にしたい』


ぶっきらぼうでクールな伊藤先生役を生田斗真さん、そんな先生に人生で初めての恋をするオクテな高校二年生、島田響役を広瀬すずさんが演じます。

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

広瀬さんは本格的な王道ラブストーリーに今回初チャレンジ。「同世代で演じている役者さんたち、本当すごいなぁって思いました。セリフもナチュラルで、恥ずかしいことを言ったりやったりもしていますし(笑)。『現場はどうしているの? どんな風に好きって意識し始めるの!?』などと周りの役者さんに聞いてまわりました」と撮影に入る際の心構えや心情を明かしてくれました。

(C)LAURIER PRESS

一方、生田斗真さんは『僕等がいた』以来5年ぶりの恋愛映画であり、三木監督との久方ぶりのタッグ。「5年の間に、三木監督の映像の美しさには磨きがかかっていて。さらに今回三木孝浩作品の“極み”みたいなものが見えてきたので、そこに自分もついていかなきゃいけないんだな、と身が引き締まる思いでした」と作品に対する意気込みを真剣な表情で答えてくれました。

広瀬さんについても「すずちゃんは恋愛映画1発目。大切な作品です。彼女のためにもいい映画にしたいと思って、お互いが与え合い、受け止めあっていければいいなと思いながらクランクインしました!」と温かいコメント。まさに頼りになる先生! って感じですね♪

現場がパッと華やぐ魅力 『生田さんは“神様”です!』


広瀬さんについて「彼女が現場に来るとパッと華やぐ。誰しもが持っているわけではない輝きみたいなものを間近で見ることができて、すごく良かった!」と生田さん。

(C)LAURIER PRESS

一方、広瀬さんは生田さんについて開口一番「神様なんです!」と驚きの回答。「絶対いつも現場の中心にいてくださって、監督もスタッフさんも私たちも『ああ、頼れる! 心強いなぁ』って。たとえば、雨降らしのシーンがあったんですが、そこでも上着をかけてくれたり、ヒーターを持ってきてくれたり。スープも作ってくれて! ただただ優しいんです」と一同納得の生田さんの神様エピソードを披露。

「人に『神様なんですよ』って言われたのなんて初めてだよ! すごい褒めてくれるよねー!」と生田さんは大爆笑でした。

広瀬すずさんのかわいいウエディングドレス姿は必見!


本作中はキュンとする印象的なシーンがたくさん。お二人の思い入れのあるシーンについて伺いました。

生田「予告編にも出ている屋上のシーンです。絶対外せないバチっと決めなきゃいけないシーンだったんですが、天候も味方してくれて、すごいキレイな夕日の下で撮ることができました。ちなみに、その時の響(広瀬すずさん)は、文化祭の仮装でウエディングドレスを着ています。新鮮でかわいいですよ! 足元が上履きなのも(笑)」

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

広瀬「私はクライマックスの橋の上のシーンですね。それまでの先生と生徒という壁が少し解かれて、先生が少年のように見える瞬間。先生の気持ちの伝え方が一番良かったし、キュンとした私の一番好きなシーンです」

生田斗真さん扮する 伊藤先生の大人の色気にキュン♡


生田斗真さん扮する伊藤先生は、女子なら誰しもキュンとして釘付けになります。ぶっきらぼうなのに優しくて、見た目のだぼっとしたスーツ姿やボサボサの無造作ヘアも、生田さんが着用すると女性の心をくすぐる大人の魅力に♡

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

役作りについても伺いすると、

生田「もちろん、原作へのリスペクトの気持ちを忘れずに、三木組の美術班は女性が多かったので、素直に意見を取り入れて作っていきました。シャツはオーバーサイズで腰回りにふくらみを出すとか、パンツもタイトすぎず太すぎず。メガネも原作通りの丸メガネやちょっとフチが太いのなど、いろいろ試しましたね」と細かいこだわりを教えてくれました。

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

「気持ちの面でも、自分が学生時代に聞いていた音楽を引っ張り出してきて聴いていました。『あー、この時はあの子のこと好きだったな』とか、もっと熱を持って相手に気持ちを伝えていた時のことを思い出す作業をしていましたね」と響のまっすぐな気持ちに寄り添うため、甘酸っぱい記憶を蘇らせていたそうです。

広瀬すず史上、最強レベルのかわいさ♡


(C)LAURIER PRESS

広瀬さんは「響は、真っ直ぐすぎて、すごく不器用な子。重いタイプなのかなとか、どこか客観的に見ていました(笑)。最初は、先生相手に声が変わっちゃったり、初めての恋に自分でも気づいていないんだけど、後半になっていくにつれ、どんどん強い思いを表現できるようになる。先生をただ好きでいたいというところが、すごく素敵だなって思います」と響に対する思いを吐露。

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

生田さんも「すずちゃんのお芝居に対するピュアな思いが、響の思いとリンクする部分がたくさんあって、演技中も彼女からいろいろなものをもらえた。響は、広瀬すず史上、最強にかわいいです!」と絶賛しています。

高校の弓道部に体験入部も!


(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

響は弓道部員。「ナチュラルに現場に入れると思っていたら、何カ月も練習があって。都内の学校に行って、部活に参加したりもしました! みんな無言の練習の中で、ただただちーちゃん(森川葵さん)と浩介(竜星涼さん)と3人で迷惑をかけましたけど(笑)。独特な空気感を感じられることができて、良かったです」と多忙なスケジュールの中で練習に励んだことを語り、「弓道は、集中しているかしていないかで、的の見え方や矢の位置が変わるんです。劇中でも響や浩介の心情が、外れ方をみてわかると思います」とのこと。

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

弓を打つ広瀬さんは凛としてかなり美しい……。新たな魅力発見です!

広瀬すず特製 激辛たこ焼きにびっくり!


撮影は、岡山でも行われたそう。「やっぱり地方だと、実生活に戻らなくていいから作品に集中できる。あとは合宿みたいな感じで、みんなの絆もより早く深まりやすいです。あ、そうだ、クリスマスパーティもやった!」と12月に差し掛かった撮影でのエピソードを話してくれた生田さん。「宿の会議室をお借りして、みんなで飾りつけをして。すずちゃんはタコ焼きブースとか作ってくれたよね」と笑顔。すると「特製のたこ焼きを作りました!」と広瀬さんがニヤリ。

(C)LAURIER PRESS

「最初の1つ目は、やっぱり伊藤先生にって言って、こんな大きな皿に「伊藤先生!」ってマヨネーズで大きく書いてあるたこ焼きが運ばれてきて。『まじか! やった!』って食べたら激辛! そんな小学生みたいなことする!?」と笑顔で首をかしげた生田さんに「王道のやつしちゃいました!」と広瀬さんがキュートな笑顔で答え、一同大爆笑。撮影の合間の仲良しエピソードもたくさんのお二人でした。

(C)LAURIER PRESS

恋をしてキラキラと急に輝き出す日々。初めての恋をした響の若さゆえのまっすぐさには、胸が締め付けられます。大人になっていつの間にか忘れてしまっていた素直になる気持ちは、どんな年齢の人が見ても切なくて共感できるはず。もちろん、伊藤先生には終始キュンキュンしっぱなしになりますよ♡ 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は10月28日全国で公開です。劇場にぜひ足を運んで観ましょう♪

読者のみなさまにプレゼント♡


今回ローリエプレスから、広瀬すずさんのサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL


↑↑ダウンロードはこちらから♡↑↑


2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式ツイッターをフォロー&下記該当ツイートをRTするだけ♡


上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2017年10月25日~2017年10月31日正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡
(取材・ローリエプレス / 文・YUE/プロップ・アイ)

応募期間は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。(2017年10月31日現在)

この記事を書いたライター

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事

今、あなたにオススメ