ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツ

人気ヘアメイク「#ナベメイク」さんによる連載。今回は、ひと塗りで秋の女っぽ指数が上がる♡ プロが教えるひと塗りでかわいくなれる秋のアイラインメイクをご紹介します!

目次

この秋は“メタリック”なカラーで色っぽく


ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの1枚目の画像

この秋はメタリックな質感に注目。女っぽさが上がるアイメイクが、アイテム1つで簡単にできちゃいます!

使用するコスメ


・RMK インジーニアス リクイドアイライナーEX メタリックローズ

ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの8枚目の画像

この1本で旬な秋の目元に仕上げます。
「赤」よりも肌になじみ、「ピンク」よりも少し大人びた印象になるRMKのローズは、塗りはじめから終わりまで、毎日楽しくなるようなアイテムです。



RMK「リクイドアイライナー」を使った #ナベメイク プロセス


(1)一番大切な書き始め。目尻横の外側から書き始めます
ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの3枚目の画像

ここまで伸ばしたいってところから、細く内側に思いきってのばします。アイラインはこの時に躊躇してしまうときれいな線になりにくいので、思い切りが大切です。

(2)次に外側から内側に引いたアイラインを黒目の形に沿ってゆっくり丁寧に引いていきます
ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの4枚目の画像

先が細くなるように内側にいくほど丁寧に引いていきましょう。

(3)今度は目頭のほうから薄くつなげていきます
ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの5枚目の画像

目頭のアイラインをかなり薄く書くことで、ケバさがやわらいでより自然で上品な仕上がりに♪

(4)最後に目頭の部分から左右対称なアイラインになるように少しずつチェックします
ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの6枚目の画像


ローズのカラーが色っぽくて、秋にかけて少し背伸びしたような、女っぽメイクの完成です!




秋のアイラインメイクのポイント


ポイントはなんといっても最初のスタート。ここがうまくいけばすべてクリアしたようなものです! 外側から書くことに慣れてください♪

ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの7枚目の画像

ペンシルだと印象がぼけるのではっきりした印象をつけたければジェルかリキッドライナーを選んでみて。
インラインや下まぶたにひくときは必ずペンシルか、アイシャドウでひきます。

今回のメイクでは抜け感を出すために下ラインを引かなかったですが、より女らしさやデート感を出すとき、夜な感じを出したいときは下にラインを引くのがおすすめです。

ここでのアイラインの書き方はこの色のアイラインだけでなくても応用できますので、「茶色」「黒」などのベーシックなカラーでもぜひ試してみてくださいね♪
ベーシックカラーのアイライナーのおすすめは「モテライナー」や「ラブライナー」。プチプラなのに十分かわいく仕上がります!




ナベメイクの秘密の書き方で、ひと味違う少し差がつく“女の目元”に♡
ローズカラーで女っぽ♡  ひと塗りでかわいくなれるアイラインのコツの2枚目の画像

(渡辺一正)
1

この記事を書いたライター

渡辺一正
ヘアサロン「AnZie(アンジー)」のトップスタイリスト、副店長。 Instagramで話題となったハッシュタグ「#ナベメイク」で人気を博す。時代を先取りするヘアメイクを発信し、数多くのファンから支持を得ている。

関連記事