好きな人の前だと素をだせない なんでも合わせてしまう子が気をつけるべきこと

片思いの彼に好かれたいと思うあまり、彼になんでも合わせてしまう女子がいるそうです。それってかなりしんどいことではないですか? もっと素のじぶんで生きたほうが、なにかと楽だし、楽しくないですか?
好きな人の前だと素をだせない なんでも合わせてしまう子が気をつけるべきことの2枚目の画像

今回は好きな男子になんでも合わせてしまう女子に対して、そこから卒業する方法について、一緒に考えてみたいと思います。

目次

1. 元気になってみよう!


彼氏の前で従順になってしまうのは、わたしの自分に対する自信のなさが原因なのかもしれません……そんなに難しく考えないで、もっと元気になってみてはいかがでしょうか?

元気に活動したらなにか変わるかも


「元気になりましょう!」なんていわれも……って思った人いますよね。でも元気であることって、すごく大切だと思いませんか?
たとえばテニスが好きな人は、思いっきり元気よくテニスをしたあと、ふと「わたしはなぜ彼氏に合わせてしまうんだろう、ホントのわたしはそんな人間ではないのに!」と思うこともあり得ます。
つまり自分の好きなことなどで元気に活動するなかで、あなたの心の中のなにかが変わり始めるんです。その「変わっていくなにか」に、敏感であることが大切です。

2. 彼と話し合ってみよう


彼に対して従順であるがゆえに、彼と話し合いすらできない、ということであればどうしようもありませんが話し合える人は「従順なわたしのことを、彼はどう思っているのか」について聞いてみましょう。
よほどドSの彼でもない限り、彼は従順な彼女に対して「つまらない」と思っているかもしれません。

従順な彼女は彼を逆に困らせてるかも


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

男子で、1から10まで自分が主導権を持ちたいと思っている人って、少ないんです。「デートする場所? 決めてよ。おれ、デートスポット知らないし」という感じで男子って彼女の意見がないと、うまく恋愛が進まないようになっているものです。
だから彼氏に従順な彼女に対して、彼は「もう少し自分の希望を言ってくれないと、おれ、困るんだよね」と思っている可能性はおおいにあります。

好きな人の前だと素をだせない なんでも合わせてしまう子が気をつけるべきことの3枚目の画像

いかがでしょうか。
いろいろと、ほかにも思うところはありますが、まずは元気になりましょう。いくら相手の子を好きでも好きな人の前で素を出せず本当の自分ではいられないのはつらいですよね? 好きな人の前だからこそ本当の自分でいられるように努力しましょう!
(ひとみしょう/studio woofoo)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作家/コラムニスト/作詞家▼キルケゴール哲学をベースに、なんとなく淋しい人に向けた希望論&恋愛論『自分を愛する方法』を上梓。全国の書店等で発売中。『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの男って実は』(Grapps)など連載多数。日本自殺予防学会会員。キルケゴール協会会員。

関連記事