「出会いの場」はあるのにモテない・彼氏ができない女子の特徴って?

男子と出会える場所に行ってもモテない女子は、さっぱりモテないそうです。それはなぜか? ということを、男心をもとに一緒に見ていきたいと思います。彼氏ができない女子の皆さん必見です!

目次 [開く]

モテない理由1. 最初の挨拶に失敗したから


(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

たとえば大学や職場に気になる男子がいる人は、超ラッキーです。なぜなら同性しかいない集団って、この世にはたくさんあるからです。でも、たとえば大学で気になる男子を見つけても、声を掛けることのできる女子と、それができない女子とに、真っ二つに分かれますよね? 声を掛けることができない、というのは、あなたに勇気がないからではありません。あなたに魅力がないからでもありません。人は等しく、なんらかの魅力を持っています。その魅力を相手に伝えるきっかけをつかめていないだけです。

第二の挨拶がポイントかも!


広く出会いの場において恋のきっかけをつかむのは簡単で、まずは挨拶をするということです。出会いがないと悩んでいる人を見ていたら、この挨拶ができていない人が意外と多い。恥ずかしければ、小さな声で「おはよう」と言うだけでもいいのです。何回か「おはよう」と言っていれば、やがて相手が心を開いて話しかけてきてくれます。
あるいは、あなたが「おはよう」と言って、彼も「おはよう」と返してくれたら、そこで「第二の挨拶」が始まるということに敏感になってみては? 彼の「おはよう」にどういうリアクションを起こすのか、というのが第二の挨拶です。「今日も寒いね」とか、なんでもいいので言葉を投げかけてあげるだけで出会いが生まれます。
ほとんどの人は、誰かから声を掛けられるのを待っています!

モテない理2. 素直じゃないから


「出会いの場」はあるのにモテない・彼氏ができない女子の特徴って?の2枚目の画像

出会いの場にいてもモテないとなると、多くの人は焦るみたいです。焦ったらなぜか、多くの人は「自分を盛る」方向に考えが向くようで、人によってはいわゆるリア充アピールをします。たとえば、女子3人でワイワイと盛り上がりつつ、内心は「誰か男子が話しかけてこないかな」と思っているとか……。あるいは、友達が多そうなふりをする……これをしても、残念なことに、男子は振り向きません。「プライベートが充実してるのなら、おれのことは必要ないよね」と思う男子が多いのです。なぜなら若い男子の多くは、自分に自信のない淋しがり屋さんだから。素直に「わたし、友達が少ないの」と言う女子のほうが好感度が高いことも。

「と思う」をやってみよう!


自分を盛るというのは、おそらく恥ずかしいからという理由に代表されるように「自分の心を自分でガードしたいから」ということなのだろうと思います。でも、一般的に考えて、出会いの場で自分をガードしていても、出会いなど生まれないですよね……と、ここまではみなさん、自分でよくわかっていることでしょう。ではどうすれば素直に「出会いがほしいです、あなたとお話をしたいです」というアピールができるのか? 「彼と話をしてみたい『と思う』」だけでOKです。「と思う(=意識する)」ということをやっていれば、この「と思う」が顔に出て彼があなたに話しかけやすくなるのです。
素直に自分の気持ちを表現するのって、この「と思う」ところから始まります。

モテない理3. 自己PRが下手


出会いの場をうまく活用して彼氏をつくっている人は、「彼氏がほしいです」とか「今、彼氏がいないんです」と言います。つまり自己PRがうまいのです。うまい、というか、ごく当たり前に、自分が置かれている状況を相手に伝えているだけ……かもしれませんが。

恥ずかしがらずに言ってみよう


「彼氏がほしいです」と言うのが恥ずかしいと思っている女子も、おそらく多いと思います。そういう人は、一度「彼氏がほしいです」と言ってみましょう。言ってみたら「案外簡単に言えるんだ」と気づきます。同時に「言うことって、なんら恥ずかしいことではない」と気づきます。あるいは「どうでもいい男子が寄ってきたらイヤだな」と思っている女子もいるかもしれませんがどんどん、どうでもいい男子を寄せつけるといいです。LINEの交換をしなきゃ、彼はあなたにどうすることもできません。
「出会いの場」はあるのにモテない・彼氏ができない女子の特徴って?の3枚目の画像

いかがでしょうか。
出会いの場にいるのに出会いがないと悩んでいる女子って、みなさんそれぞれになんらかの魅力を持っている「恋愛市場で有利に動ける可能性を秘めている女子」です。その魅力が外に出るきっかけさえつかめば、あとは自由に恋愛を楽しめる人たちが多いでしょう。
みなさんまずは挨拶をしてきっかけをつかむことです。挨拶1つから進展することもあるかもしれません!
(ひとみしょう/studio woofoo)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ