夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズ

暖かくなり、マフラーで隠していた首もとをオフショルやVネックなどで見せる季節がやってきましたね! スッとした首元は、それだけで凛とした美しい印象を与えてくれます。顔や表情がその人の印象を一番強く表しますが、実は顔とともに胸までの部分もよく見られているんです。そこで今回は、真っすぐ伸びた首を目指して、首・肩・胸周りを連動させたヨガをしていきましょう♪

目次 [開く]

キレイなデコルテ・首のラインを作るには……?


夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの1枚目の画像

日常の姿勢のクセで体がゆがんだり、猫背の姿勢が続くと、上体が前傾になりデコルテラインや首のラインが固くなります。猫背や巻き肩などで姿勢が悪い人の中には、鎖骨が埋もれてしまったり、左右並行になっていない方が多く見受けられます。猫背になっていたり、過度な肩こりなどで姿勢が整っていないと、鎖骨が美しくなりません。

首が真っすぐ伸びて胸や肩周りがしなやかだと、とても柔らかい印象を与えます。美しいデコルテを作るために、鎖骨を左右に真っすぐ伸ばしましょう♪

デコルテラインのストレッチ1


(1)まずは首を真横に倒していきます
(2)反対の手はお尻の下に入れて、肩から首筋までじわーっと伸ばしていきます

夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの8枚目の画像

(3)次に、鎖骨周りを伸ばすように、手で皮膚を軽く下に引っ張っていきます。この時、鎖骨の骨自体を引っ張らないように気をつけてください!

夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの7枚目の画像

(4)1~3を左右行います
(5)指で鎖骨をはさみ、ゆっくり円を描きます
(6)胸の中央から肩にかけて10回ほど円を描きます

鎖骨は顔や首の老廃物を流す最終出口地点です。鎖骨が固まっていると、老廃物が溜まり、顔のむくみや首・肩凝りにつながります。鎖骨周りがほぐれると、肩甲骨周りもほぐれ、丸くなった背中が伸びやすくなります!

デコルテラインのストレッチ2


夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの6枚目の画像

(1)両手で鎖骨の下を抑えながらあごを上げ、首の前面を伸ばしていきます

夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの5枚目の画像

(2)両手を頭の後ろで組み、あごを引いていきます。頭を押し付けるのではなく、自然な頭の重みで首の後ろを開いていきます

(3)もう一度首の前部分を伸ばしていきます
(4)両手を合わせて、親指をあごの下に合わせます

夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの4枚目の画像

(5)そのままあごを天井に向かって伸ばしていきます

プールヴォッターナーサナ(上向きのプランクポーズ )


体の前面部を大きく伸ばすポーズ。胸を大きく開くため、気分が前向きになります。また、肩や首・胸周りを大きく伸ばすので、緊張した肩・胸周りをほぐすのにも効果的です。

(1)お尻を床につけ、両足を揃えて前に伸ばします
(2)お尻の20cmくらい後ろに手をついて、お尻を持ち上げます
(3)息を吸いながらおへそが高くなるようにして持ち上げていきます
(4)肩甲骨を寄せて胸を開きます
(5)無理のない範囲で首を後ろに倒していきます(首を痛めている場合やめまいなどがある場合は、頭を後ろに倒さずにあごを引いて前を向きます)
(6)足の親指の付け根を床につけるように足首をまっすぐ伸ばします
★Point. お尻を下げずに持ち上げると。腰が痛ければ無理はしないでください

夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの2枚目の画像

伸びるポーズがキツい方は、ひざは曲げたまま、頭も倒さずに行います。

夏前までにデコルテ美人に♡ 今日から毎日試したいヨガのポーズの3枚目の画像

(7)5回呼吸したら、お尻を床に下ろします
(8)そのまま体を前に倒し、前屈していきます
(9)体の前面を大きく伸ばした後は、背面を大きく伸ばすように前屈していきます

胸が大きく開くと背中や肩こりが解れやすくなります。体が伸びることで疲れもとれるポーズなので、ぜひ試してみてくださいね!
(品川裕花理)

この記事を書いたライター

品川裕花理
ヨガインストラクター/一児の母。女子美術大学卒。大手IT会社勤務の後にヨガインストラクターに。心と身体を整える事が大好き。美は一日にしてならずがモットー

関連記事

今、あなたにオススメ