恋バナのしすぎは要注意 女友達に嫌われちゃう話し方

女子が集まると必ず話題の中心になるのが恋愛トークですよね。でも楽しいのは自分だけになっていませんか? 今回は、周りの女友達に嫌がられている恋愛トークの特徴についてみていきましょう。あなたはあてはまっていませんか?

恋バナのしすぎは要注意 女友達に嫌われちゃう話し方の1枚目の画像


目次 [開く]

NGポイント:自虐風自慢を炸裂させる


・「私、全然興味ない人からばっかり告白されるんだよねぇ〜」
・「可愛いって言われても、私本当にブスだからなんて返事していいかわからないよね(笑)」
・「私なんて、全然モテないよぁ〜。彼氏が絶えないだけで〜」

こんな自虐風の自慢をしていませんか? 自分を落としているように見せて、他人が聞くと自慢に聞こえてしまうというこのパターン。無意識のうちにくせになっている人もいるので注意しましょう♪

NGポイント:自分の恋愛相談ばかり


・「ねえねえ、ちょっと聞いて! マジで! 昨日私の彼氏がね!!」
・「そんなことよりさ〜、うちの彼氏の話きいてよ〜!」
・「○○ちゃんの話でいうと、私の場合はね〜」

女子が集まったとき「私が私が!」と自分中心のトークをしていませんか? あなたが話したいことがたくさんあることは良いのですが、終始“私の話を聞いて!”というスタンスの人は嫌がられます。話したいときほど、相手の話にゆっくりと耳をかたむける努力をしましょう。

NGポイント:聞かれてないのに彼氏のスペック自慢


・「私の彼氏って、やっぱり医者の卵じゃん? 玉の輿確定だから、やっぱり周りの人間から僻まれちゃうんだよね〜」
・「うちの彼氏さんね、地元で一番かっこいいって言われてて、実際にミスター○○大学に出てたんだけどぉ〜」
・「185cmあって顔も整ってるからぁ〜、一緒にデートしてるときにチラチラ見られるんだよねー」

聞かれてもいないのに、会話のなかにわざと彼氏のスペック自慢を入れていませんか? もちろん無意識にやっているのならば良いのですが、女子の間のマウンティングのために彼氏を使うのはダメ。そういうトークのいやらしい空気って、女子には伝わっちゃうものです。

恋バナのしすぎは要注意 女友達に嫌われちゃう話し方の2枚目の画像


まとめ:恋愛中はちょっと客観的になりましょう♡


恋愛中って、自分が盲目的になりすぎて周囲を見渡せていないこともありますよね。そんなときほど、冷静に自分を客観視するように心がけてください! 恋愛も大切だけれど、周りの友人も大切ですよね。いざというときにあなたの味方になってくれる女友達は、いくら恋愛中であっても大切にしたいものです。
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ